30代の婚活【西澤先生コラム】

婚活アドバイザー 西澤
こんにちは。婚活アドバイザーの西澤です。「婚活」も「アラフォー」もすっかり定着しましたね。

婚活サービスと呼ばれる婚活パーティーや、結婚相談所、婚活サイトの利用者は30代が中心層で大体その35%~40%を占めています。20代から30代前半までは、合コンや飲み会、紹介や職場など、出会いの場所も比較的ありますが、30代半ばとなってくると仕事も中堅になり、出会いや恋愛に避ける時間があまり取れなくなる人が多く、この辺りから男女共に婚活サービスの利用頻度が高まる傾向です。ただ、これら婚活サービスの利用者は男性が女性より少ない傾向であるため、男性は是非積極的に利用してみることをおすすめします。

今回は、30代の婚活中の皆さんにひとつ意識してほしい年齢がアラフォーであるという点を説明します。男性も女性も30代後半から40代前半までを結婚年齢としてゴールに定めて活動することを意識してください。婚活はスケジュールが大切です。
「38歳に結婚する。」
「42歳に式を挙げる。」
とスケジュールを区切ることで、活動期限が明確になります。期限をさだめられると活動に本腰が入ります。婚活は、忙しい毎日を送る社会人にとって、時間を捻出したり、活動を優先したり、いい相手と巡り合えずやきもきしたり等、就活と同様に結構なストレスがかかります。だからこそ、なるべく活動期間を短期にする為のスケジュールが重要なのです。

また、多くの30代の方はちゃんと自分が求める人かどうかを本能的に見極める見識と経験を重ねています。なので「ちょっと?」と感じたサインを軽く見ない様にしましょう。「?」と感じた人とは急速に関係を深めない様にしてください。

30代の婚活は特にスケジュールを意識する事が大切です。30代の方は、統計的にも婚活期間が1年~2年と短めな年代ですので焦らず、しかし集中して活動する様に意識してみましょう。

※この記事は2015/1/9に公開した記事の再リリースとなります。

婚活に、プロデューサーの力を。

1年以内の成婚率は78.9%! 婚活ならクラブ・マリッジで。