エンジニア 30歳女性が「1年で結婚を決めた婚活秘話」を大公開!

婚活プロデューサー 笹岡
こんにちは。クラブ・マリッジ 笹岡です。
成婚者のリアルな婚活体験インタビュー第2弾!
システムエンジニア 30歳 りえさん(仮名)が活動1年で結婚を決めた秘訣を大公開。

りえさん、快くインタビューをお受けいただきありがとうございます。
第1弾に続き、第三者目線でより「リアルな声」をお聞かせいただくため、恋愛婚活コラムニストのあさ美さんを、ゲストインタビュアーに迎えてお話しを聞かせていただきました。

あさ美
 りえさん、この度はご成婚おめでとうございます。本日は、活動のきっかけからご成婚が決まるまでを詳しくインタビューさせていただきます。

▼目次

    1. クラブマリッジに決めた理由は?
    2. 婚活プロフィール作成のポイント
    3. お見合いはどのように進めて行きましたか?
    4. お相手選びの基準は?
    5. 成婚相手との出会いとデートは?
    6. 感動のプロポーズのすべて
    7. ご成婚相手はどんな人?
    8. ダイエット成功と婚活成功の鍵
    9. クラブマリッジを選んでいかがでしたか?

クラブマリッジに決めた理由は?

あさ美
 活動を始めたのは、何才の時ですか?
りえさん
29才の時です。今は30才になりました。
あさ美
 結婚相談所に入る前は、どのような婚活をしていましたか?
りえさん
街コンなどに行っていました。でも、何かに繋がったことはほとんどなかったです。その後、デートに行ったこともあったのですが、やっぱり街コンみたいな気軽な出会いは私には合わないと思いました。
あさ美
 街コンで出会う人は、真剣さが感じられなかったということですか?
りえさん
というよりは、初めから結婚を意識して、お互いの良いところも悪いところも正直にお話しできるほうがいいなと思っていました。気軽な出会いでは、そこまで行くのに時間がかかってしまう。私は、じっくりお話しできる環境で出会いたいのだと気付きました。
あさ美
 そこで、結婚相談所という選択肢が現れたのですね。
りえさん
はい、結婚に前向きな人と出会えて、なおかつ前提条件を知って出会えたら、ある意味、ラクかなと思って。
婚活プロデューサー 笹岡
ぶっちゃけトークでいいのですが、当時は、結婚相談所のことをどう思っていましたか?結婚できない人ばかりなのでは?という不安はありませんでしたか?
りえさん
それは、少しはあったけど、結婚相談所のまとめサイトとかを調べてみて、そうでもないと分かりました。それよりも、お金をかけて、スピーディーに結婚相手を見つけるということに魅力を感じました。
あさ美
 お若いのにしっかりしていますね!インターネットでクラブマリッジを知ったきっかけは?
りえさん
結婚相談所の口コミサイトで初めて知りました。東京で実績があるということが書いてあったのと、評判も良かったので、問い合わせてみました。
あさ美
 店舗に来店してみていかがでしたか?
りえさん
実際に笹岡さんとお会いした時、ざっくばらんに話してくれて安心感がありました。その時は私もまだよく調べていなかったので、クラブマリッジと他社との違いも教えてくれました。
あさ美
 他にどんなお話しをしましたか?
りえさん
他には、妹が先に結婚してしまうので、その複雑な気持ちとか…。
婚活プロデューサー 笹岡
僕はその時、りえさんのお気持ちすっごい分かったんです。僕はなぜか、長女のかたの担当が多いのですよ。「妹や弟の結婚式、私出るんです」という会員さんのお話しはよく聞いていたので、うれしいけど焦ってしまう気持ちを、絶対に何とかしてあげたいって、あの時思いました。
あさ美
 りえさんは、親身になってくれるアドバイザーと出会えてよかったですね。その他に、クラブマリッジに入会した決め手は?
りえさん
大手三社ではないところでやりたいと決めていました。私自身が小さな会社に勤めていることもあって、小さい規模のほうが親身になってくれるかなと想像していて。言い方が悪くて、ごめんなさい!それに、大手さんのアドバイザーって、ばらつきが多いということも聞いていたので。
あさ美
 クラブマリッジは業界ではめずらしい男性アドバイザーですが、びっくりしませんでしたか?
りえさん
はい、すごくイケメンな方でドキドキしました(一同爆笑)。お会いした時も、「いつでもメールしてくださいね」と言われたのが心に残っていて。初めてお会いした時から、ここにしようと思っていました。私は、最初のフィーリングを大事にするほうなので。ここで活動している自分を想像できるなと思いました。
あさ美
 りえさんから、「直感」や「フィーリング」という言葉がよく出てくるのですが、りえさんは感覚を大切にする人なのですね。
りえさん
はい、確かにそうだと思います。活動していても、気持ちの迷いはなかったです。例え仕事がどんなに忙しくても、活動に対する迷いや相手に対する迷いもなかったです。
婚活プロデューサー 笹岡
でも、無料相談からご入会するまでは、少し間が空きましたよね。
りえさん
はい、仕事でバタバタしていて。いっぱいいっぱいだった時、しつこい勧誘などもなく、私が落ち着くのを待ってくれたのも良かったです。

婚活プロフィール作成のポイント

あさ美
 契約した後は何をしましたか?
りえさん
私はシステムエンジニアなので、システムの使い方が気になって、けっこう検索していました。プロフィール見るだけでも一晩空けちゃうくらい、色々な人がいてびっくりしました。
あさ美
 自分のプロフィールを作る作業はいかがでしたか?
りえさん
私は、自己PR文章に、分かりやすいキーワードを入れることに気をつけました。「将来は、ドラマに出てくるような幸せな家庭を築きたい」とか、目に飛び込んでくるようなキーワードを入れるようにしました。私の将来の家庭像を分かりやすいイメージで伝えたかったから、頑張って書いてみました。
婚活プロデューサー 笹岡
他には、「記念日や節目にみんなでお祝いしたい」とか、目に浮かぶような家庭像を入れ込みましたよね。
りえさん
はい、元々、私の家族がそうなので。些細なことでもお祝いをしたり、誕生日にお花を買ってきたりします。
あさ美
 読んでいるとワクワクしてくる文章ですね。これもいい自己PR文章ですね。「お料理を勉強しているので、覚えたてのレシピを披露したい。」って、かわいい。
婚活プロデューサー 笹岡
プロフィール写真も一緒に撮りに行きましたよね。可愛い花柄のワンピースを着てきてもらって、ヘアメイクはプロにしてもらいましたね。自己PR文章に合ったイメージの写真にしたかったので、清楚な雰囲気のファッションをアドバイスしました。
あさ美
 とってもかわいいお写真ですね!ご本人らしさが生きている!!

お見合いはどのように進めて行きましたか?

あさ美
 初めてのお見合いはいかがでしたか?
りえさん
緊張してダメでした…。反省点がいっぱい。お互いに雰囲気が違うなと瞬間的に思った時に、上手くリカバリーできなかった。興味を持って頂けるようにしたかったのですけど、友達っぽくなって終わってしまいました。
あさ美
 でも、こうしてお話ししていると、緊張して話せない感じはしないですよ。
りえさん
私は毎日、3行日記をつけています。そこに、お見合いでの反省点を書き込んでいたので、改善したのかもしれません。
婚活プロデューサー 笹岡
これは、ポイントですね。日記をつけている人は上手く行く。初めてお会いした時に比べて、りえさんは変わりましたね。僕の初めの印象はもう少し違った。どうしていいか分からないというか、未知のものに対しての不安があったように見えていました。
りえさん
そういう気持ちが1回目のお見合いで出ちゃったのだと思います。うまく会話のキャッチボールができなかったんです。
あさ美
 その後、お見合いで記憶に残っている人はいますか?
りえさん
初めて交際に発展した人は、ずっと猫の話ばかりしていました。猫の話の記憶しかないです(笑)。男性が猫を飼っていたので、「私も猫好きなんです」って言ったら、1時間ずっと猫の話。デートの時も猫の話から始まって、ずっと猫の話。ちょっと無理かなと思ってお断りしてしまいました。
婚活プロデューサー 笹岡
男って、女性が喜んでいると思うと、ずっとその話しをしちゃうんです。ワンパターンで空回りしても気付いていないことも。男性を代表して謝ります、すみません(笑)。
りえさん
いえいえ、そのかた以外は、本当にみなさん、いい人が多かった。

お相手選びの基準は?

あさ美
 りえさんは、お相手をプロフィールで探す時に、どのような基準を持っていたのですか?
りえさん
私は年上の方を探していました。同世代の男性って、結婚を意識している人が少ない。だから、年上の男性のほうが結婚をイメージしてくれやすいのかなと思っていました。
あさ美
 その他にはどういう点に注目していたのですか?
りえさん
顔や条件じゃなくて、自己PRの文章を読み込みました。書いてある内容を読んで、1時間お話しできる方なのかなって、妄想していました。変な言い方をすると(笑)。この方と話がずっとできるのかということを基準にしいていました。
あさ美
 実際に今の彼は、プロフィールを見てピンときたのですか?
りえさん
はい、そうです。
婚活プロデューサー 笹岡
りえさんの場合、自分から申し込んだ時のお見合の成立率が、15%と平均値の倍です。驚異の成立率ですよ!自分から申し込むときの基準がやはり、しっかりしていたのですね。人を条件で判断していないですもんね。
りえさん
だって、条件って変わっちゃうじゃないですか。お顔もそう。それよりも、空気感を大事にしたかった。結婚したら、そのかたとずっと一緒に居たいから。いい無言の時間と悪い無言の時間があるのだろうなと思って、それを見極めたかった。
あさ美
 結婚生活を想像して心地良い人かを大事にしたのですね。
りえさん
年上のお世話になっているかたに結婚相手選びのポイントについてアドバイスをいただきました。それは、ご飯を一緒に食べている時に敢えて黙ってみること。その時に、いいフィーリングを感じるかどうかを大事にしなさいって。
あさ美
 なるほど!では、彼とお食事した時も、わざと黙ってみたのですか?
りえさん
それが、、、彼とは逆でした(笑)。お見合いの時から、話がとても盛り上がって、2時間くらいおしゃべりしちゃったんです。こんなに盛り上がれる人は、他にいないなと思ってうれしくて。何回会っても、同じように盛り上がれて、お店の閉店時間まで話し続けることもありました。無言にならないの(笑)

成婚相手との出会いとデートは?

あさ美
 彼とは何人目で出会ったのですか?
りえさん
4~5人目です。変な話、目移りしちゃうのも嫌だったので。
あさ美
 1回目のデートはどこに行きましたか?
りえさん
私が誕生月だったので、すごくいいホテルでお祝いしていただきドキドキしちゃいました。
あさ美
 1回目のデートから豪華なディナーでは、引いてしまう人もいるけど、りえさんはどうでした?
りえさん
いえ、私はうれしかったです。
婚活プロデューサー 笹岡
彼のほうも確信があったのだと思う。お見合いの時には、決めていたのでしょうね。
あさ美
 何回目のデートで真剣交際にしたのですか?
婚活プロデューサー 笹岡
実は真剣交際にはしていないのですよ。お二人がお互いしか向いてなかったので、あえて必要もなかった。
あさ美
 付き合って下さいとか、そういう告白のようなものはなかったのですか?
りえさん
告白より先にプロポーズだったから、私もびっくりしちゃって。
あさ美
 お見合から何回目のデートの時だったのですか?
りえさん
デートはほんとにたくさんしていたので分からないですけど、ちょうど3ヶ月目の時に心に決めてくれて、意思は伝えてもらっていました。でも、そのタイミングで、仕事が大変になりすぎて、何も考えらなくなっちゃって。お返事を1ヶ月待ってもらいました。
婚活プロデューサー 笹岡
成婚間近のタイミングで、りえさんがお仕事忙しくなり、僕のほうがあたふたしちゃいました。僕とお相手の担当者さんで、相談の長電話を5~6回しましたよ!
りえさん
私も仕事でテンパっちゃったのですが、彼はずっと待っていてくれました。そして、正式にはお見合から4ヶ月目でプロポーズを正式にお受けしました。

感動のプロポーズのすべて

あさ美
 お互いに最初から、他の人と違うなと思っていたのかしら?
りえさん
プロポーズしてもらった時のお手紙にそのようなことを書いてくれました。このお手紙だけは、一生大事にしておこうと思っています。
あさ美
 どんなプロポーズだったのですか?
りえさん
夜景の見えるすごくいいレストランで、お食事が終わったら、別のスペースにあるソファに案内されました。そして、ストレートに「結婚してください」って、オルゴールを頂きました。その瞬間、とっても舞い上がってしまいました!女性としてうれしい言葉もいっぱいもらいました!
あさ美
 りえさんはなんとお答えしたの?
りえさん
「よろしくお願いします」って。もともと、「この日開けておいてね」って言われていたので、何かあるんだろうなとは思っていたけど、想像を上回るうれしさでした!
あさ美
 告白を飛び越えてのプロポーズだったのですね。
婚活プロデューサー 笹岡
結婚相談所ならではです。

ご成婚相手はどんな人?

あさ美
 彼はどんな人なのですか?
りえさん
穏やかで優しい人。5才年上です。私がうっかりモノでも笑って許してくれて、なんでも受け止めてくれます。
あさ美
 彼と初めて会った時の第一印象は?
りえさん
すごくまじめそうでした。外見もお仕事もすべて。でも、話し方は柔らかくて、芯が通っているかたなのだなという第一印象でした。
あさ美
 彼からりえさんの第一印象を聞きました?
りえさん
プロポーズの手紙には、「初めて会った時、とてもかわいかった」って書いてあって。「あー!うれしすぎる」と思いました。
あさ美
 彼のどんなところが好きですか?
りえさん
一緒に居てゆっくりできますし、最初からすごく自然体。そういった空気感がとっても好きですね。
あさ美
 結婚したらお仕事はどうするのですか?
りえさん
始めは続けるつもりだったのですが、彼が転勤があるお仕事だということで、今のところはやめようかなとは話し合っています。ただ、私はお仕事してないとダメなタイプなので、何かしらお仕事はするつもりです。

ダイエット成功と婚活成功の鍵

あさ美
 婚活を意識し始めたのは、いつですか?
りえさん
私、実は、20代の頃、すごく太っていました。でも、ダイエットを始めて、ものすごく頑張ってダイエット成功したのをきっかけに婚活も始めました。
あさ美
どのようにダイエットしたのですか?婚活を始めたいけど、ダイエットしてからと言って、結局いつまでも婚活を始められない女性がいっぱいいます。ダイエット方法をぜひ教えて下さい。
りえさん
消費カロリーを多くして、摂取カロリーを少なくするという王道ダイエットです。それと、炭水化物などの糖質制限です。
あさ美
それで、何キロ痩せたのですか?
りえさん
今年だけで10キロ、その前を含めるとトータル25キロ落としました。わたし、笹岡さんと出会ったころと見た目が変わっていますよね?
婚活プロデューサー 笹岡
ほんとに痩せましたよね、顔が違う。
りえさん
それと、運動もしましたよ。2駅は歩いていました。21時に会社を出て、1時間歩いて帰ったら、あとは寝るだけみたいな。逆に忙しい時期だったので、それがストレス解消になりました。
あさ美
 その強い意志の原動力は何だったのですか?
りえさん
20代は好き勝手やったので、30代からはちゃんとしようと意思がはっきりしていました。ジムとかに通わなくても、自分一人でダイエットできたから、こういう風に変われるんだって、自分に自信がつきました。だから、婚活だって上手く行くと確信できました。結婚は新しい人生のスタートだから、きれいになることも頑張りました。

クラブマリッジを選んでいかがでしたか?

りえさん
直感を信じて、こちらにしてすごく良かった!ダメだった時も慰めてくれて、助けられました。仕事が忙しくて精神的にやばい時期もあったけど、いつも私のことを真剣に考えてくれました。
婚活プロデューサー 笹岡
僕も、妹が嫁に行った気分。りえさんは、活動中に泣いちゃったときはどうしようかと思いましたよ(笑)ステキな人と巡り合えて本当に嬉しいです。
あさ美
 年齢の近いアドバイザーは、実際いかがでしたか?
りえさん
年齢が近いからこそ、分かってくれることも多かった。それに、笹岡さんは何を言っても肯定してくれました。「私のトーク下手ですか?」って聞いたこともあって。その時に、「そんなことないよ、あと何回かダメだったら、その時に考えよう」って言ってくれて。良いところダメなところ、全部言ってくれました。
あさ美
 28~29才の女性に向けて応援メッセージをお願いします。
りえさん
私は、30才目前にして、仕事よりも家庭を早く持ちたいと思っていました。28~9歳は、そのための準備期間。1~2年なんてあっという間でした。だから、その1年を無駄にしないように、逆算して行動すると良いと思いますよ!
あさ美
 りえさんは、30才という節目を前に、人生を責任をもって生きていくために、20代にできることを徹底的にやり遂げました。その一つがダイエット。自己流でも25キロものダイエットに成功したことで自信がついたその後が転機でした。「婚活だって絶対に成功するに違いない!」と確信が持てたことが、本当に現実になりました。
ダイエットで生まれ変わり、婚活で結婚相手も見つかって、人生そのものが、全く新しいものになりました!りえさんの成婚ストーリーは、たくさんの女性を勇気づけたのではないでしょうか。末永いお幸せをお祈りしています。

婚活に、プロデューサーの力を。

1年以内の成婚率は78.9%! 婚活ならクラブ・マリッジで。