婚活パーティーの実態|調べてみたら意外に奥が深かった!

学生時代は勉強と部活にあけくれ、社会人になったら働きづめ。そんな生活が続く中、仲良しのA子ちゃんが結婚して、少しあせりを感じている!という方は意外に多いのではないでしょうか。

そこで、結婚相手に出会うための手段として、婚活パーティーの実態をご紹介します。

「私も結婚したい!」と思いながら、出会いのない現状にモヤモヤしてる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

▼目次

  1. パーティーには種類があった!
  2. 婚活パーティーにも種類がある!
  3. 安心できる婚活パーティーとは?
  4. まとめ

1.パーティーには種類があった!

「今度の週末は婚活パーティーに参加するの」といった言葉を聞いたことがあると思いますが、そもそもこの手のパーティーには種類があるんですね。

あなたはおそらく、出会いがない!という方に向けて、恋人や結婚相手がみつかる!といったキャッチコピーのパーティー広告を見たことがあると思います。ただ、一言にパーティーといっても、その種類は1つではありません。

実際に、パーティーは主に3つの種類に分けることができます。

・恋活パーティー
・お見合いパーティー
・婚活パーティー

恋活パーティー
恋活パーティーは、100対100みたく大人数で開催され、座る席も席の移動も自由です。また、プロフィールを書いて見せるカードやカップル成立の発表もありません。

そのため、気楽に参加できるメリットがあります。ただ、人見知りだったり話し下手だったりと、コミュニケーションに苦手意識のある方は参加しづらいのが本音かもしれません。

お見合い型パーティー
お見合い型パーティーは、文字通りお見合いなので1対1で固定された席で参加します。また、参加者全員とお話しして交際を申し込むのが流れで、プロフィールを公開したりカップル成立を発表したりもするのが基本です。

婚活パーティー
婚活パーティーは基本的にお見合い型パーティーと似ていますが、1対1ではなく30対30みたく比較的たくさんの人数で開催されます。席もグループで座るスタイルや立食形式であることが多いといえます。

また、席の移動はスタッフの指示が必要だったり、参加者全員と話す時間がなかったりと多少の制限があるのが実態です。

2.婚活パーティーにも種類がある!

さて、異性との出会いを求めるパーティーには種類があるとお伝えしましたが、その中の1つである婚活パーティーにもまた種類があります。例えば、一緒にスポーツをしながら交流したり、有名な観光スポットの個室レストランで相手とじっくり話し合ったりするパーティーです。

また、婚活パーティーのひとつの特徴として、参加条件があります。それは「女性20歳代・男性30歳代」とか「男性は公務員か年収◯◯◯万円以上」みたいなものです。

もしかすると、あなたは、婚活パーティーはいろいろ面倒だなと感じているかもしれません。でも、こうした条件があるのは、本気で結婚相手を探している人たちが出会うためだからです。

そういう意味でも、婚活パーティーに参加することは、他のパーティーに参加するよりも結婚というゴールに近いかもしれませんね。

3.安心できる婚活パーティーとは?

婚活パーティーの魅力はわかったけど、婚活パーティーはたくさんあってどれを選べば良いかわからないという方もいらっしゃるでしょう。それに、参加条件をクリアしていても、やっぱり不安という方は少なくないと思います。

そこでオススメするのが、結婚相談所が運営する婚活パーティーです。結婚相談所は本人確認を徹底していることもあり、参加する人のクオリティが高いといえます。

また、スタッフのサポートが手厚いのも特徴です。「連絡先を交換したい」とか「話しかけるタイミングが・・・」というときに、スタッフに依頼すると上手く間をとりもってくれるなど、サービスが行き届いています。

ですから、婚活パーティーに参加してみたいけど迷っているという方は、結婚相談所が運営する婚活パーティーを選ぶと良いでしょう。

まとめ

今回は婚活パーティーの実態についてお伝えしてまいりましたが、婚活パーティーは意外に奥が深いことがわかります。ですが、婚活パーティーの実態を把握することで、あなたは各パーティーの良し悪しを判断することができるはずです。

そうすれば、婚活に対して前向きな気持ちになれますし、自分にもチャンスはある!と実感できると思います。結婚というゴールを達成するためにも、婚活パーティーの実態をきちんと調べて、自分に見合うパーティーを選びましょう。

恋愛コンサルタントのいる仲人BAR☆オープンしました

婚活に、プロデューサーの力を。

1年以内の成婚率は78.9%!

婚活ならクラブ・マリッジで。