お見合い後の初デートで「次も会いたい」と感じてもらうためのコツ

結婚相談所で活動をはじめた男性が、お見合いは成立するけど、交際が続かないというケースは少なくありません。これは、初デートの後、相手の女性から交際を断られてしまうことが主な理由です。

なぜ交際を続けてもらえないのかというと、初デートでの失敗が目立つからといえます。では一体、どうすれば初デートでの失敗を防ぐことができるのでしょうか。

今回は、男性がお見合い後の初デートで相手の女性から「次も会いたい」と感じてもらえるためのコツをお伝えします。

▼目次

  1. 物事は最初が肝心
  2. 初デートに向けての心構え
  3. 初デートのNG行動
  4. まとめ

1.物事は最初が肝心

よく「物事は最初が肝心」という言葉があるように、お見合い後の初デートは、とても重要といえます。なぜなら、相手の女性にしてみれば、男性とは初対面とほとんど変わらないからです。

初対面の人の印象が悪ければ、次も会いたいという気持ちは生まれにくいですよね。それだけ、人の第一印象を変えることは簡単ではないのです。

にもかかわらず、初デートで失敗する男性は、初デートの重要性を理解せずに立ち回ってしまうケースが目立ちます。そういう意味でも、お見合い後の初デートは入念な準備をして臨むことが大切です。

2.初デートに向けての心構え

そもそも、交際が成立したからといって、相手の女性がいきなり彼女になるわけではありません。ですから、まずは女性との距離感を少しずつ縮めていくことが必要です。

女性との親交を深めるには、初デートに向けての心構えを知るとよいでしょう。例えば、初デートの時間や場所選び、着ていく服装です。

初デートで失敗する男性は、デート=長時間と考えている方が少なくありません。ですが、ほとんど初対面に近い男性に連れ回されたら、女性は疲れてしまいます。そのため、初デートはお見合いの延長程度に考えて、2〜3時間で別れるのが一般的です。時間帯としては、相手の女性は化粧など準備がありますから、午前中よりもゆとりある午後のほうが良いでしょう。

初デートは場所選びも気をつかいましょう。相手の趣味・嗜好がハッキリしない段階で映画やレストランに誘うのは控えたほうが良いといえます。まずはお互いを知るために会話を重視し、雰囲気の良いカフェを選ぶのがオススメです。

初デートで着ていく服装にも気をつかう必要があります。お見合いのときはスーツでビシッと決まっていたけど初デートはTシャツ姿!のように、お見合いのときとかけはなれた服装は印象を悪くする場合があります。ですから、お見合いのときほどフォーマルである必要はありませんが、なるべくお見合いのときに近い格好が良いでしょう。

お見合い後の初デートは、こうした心の準備をしっかり行ってから臨むことが、相手の女性に対する思いやりというものです。

3.初デートのNG行動

お見合い後の初デートが重要なことは理解したけど、もうひとつ注意すべきことがあります。それは、NG行動をしないことです。

先ほどもお伝えしましたように、交際成立=彼女ではありません。そのため、初デートでのスキンシップはセクハラ行為にもなりますから、絶対にNGです。

また、会話も自分のことばかりしゃべったり仕事の愚痴などネガティブな発言をしたりするのも、相手の女性を不快にさせるだけですからやめましょう。

初デートはあくまでも2回目のデートにつなげるためのプレゼンタイムですから、NG行動には十分気をつけてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

こうして考えると、お見合い後の初デートは、男性と女性でその考え方が若干異なることがわかります。だからこそ、男性は女性の気持ちを思いやることが必要不可欠です。

これから先、交際を続けてもらうためにも、まずは初デートに対する意識を変えてみてください。そして、2回目のデートの約束をとりつけるための行動を心がけましょう。

もう一記事いかがですか?「お見合い後のデート!女性の気持ちをつかむ行動と心構」はこちら

お見合い後のデート!女性の気持ちをつかむ行動と心構え

婚活に、プロデューサーの力を。

1年以内の成婚率は78.9%!

婚活ならクラブ・マリッジで。