結局どこがいい?結婚相談所選びで知っておくと損をしない3つのこと

30歳をすぎると職場や友達など、周りの人たちの結婚式に呼ばれる機会が増えることってありますよね。そして、自分もそろそろ!とあせりを感じて結婚相談所の利用を考える人もいると思います。

とはいえ、過去に婚活アプリや婚活パーティーを利用したけど成果がなかった。また、結婚相談所はどこがいいのかわからないという不安もあるでしょう。

そこで、どんな結婚相談所を選べば運命の人と出会えるのか?結婚相談所の選び方をお伝えします。

▼目次

  1. 結婚相談所は2つのタイプがある
  2. やっぱり気になる結婚相談所の料金
  3. 結婚相談所にはそれぞれ特徴がある
  4. おわりにーー

1.結婚相談所は2つのタイプがある

結婚相談所はどこがいいか選ぶとき、最初に大きく2つの選び方があります。それは、データマッチング型の結婚相談所と仲人型の結婚相談所のどちらを選ぶかということです。
まずデータマッチング型の結婚相談所ですが、こちらは自身のプロフィールと相手に希望する条件を登録して、それに見合う相手をデータベースから探すタイプの婚活です。条件に合う相手が見つかったら、お見合いの申し込みをします。

インターネットでよく見かける恋活や婚活アプリに似ていますが、結婚相談所なので年収や勤務先など、公的書類の提出が必要です。あくまで真剣交際を前提にした男女が集まります。

一方、仲人型の結婚相談所は、会員1人1人にプロデューサーがついて婚活をサポートするタイプです。プロフィール作成からお見合い写真の撮影、交際相手とのコミュニケーションなど、あらゆるアドバイスをしてくれます。

メールの返信の仕方や初デートの服装など、細かいところまで相談に乗ってくれるので、恋愛経験が少ない人は安心して婚活ができるでしょう。ただ、データマッチング型に比べると料金は割高になります。

このように、結婚相談所での婚活はデータマッチング型か仲人型か、どちらのタイプで活動するかを選ぶところからはじまります。

2.やっぱり気になる結婚相談所の料金

結婚相談所は主に2つのタイプに分かれますが、その中でもやはりどこがいいのかを知りたいというのが本音ですよね。ただ、結婚相談所はどこがいいのか?と考えたとき、決め手となる情報が必要だと思います。

特に、料金は気になる人が多いはずです。しかしながら、結婚相談所の料金は各社ばらつきがありますし、価格の数字だけで高い安いの判断は難しいといえます。

実際に、結婚相談所を検索するとわかりますが、総額で約7万円とか13万円といった金額のところもあれば総額で30万円〜40万円の高額なところまで様ざまです。

そのため、結婚相談所の料金については、価格の数字よりも成婚に向けて結婚相談所がどこまでサポートしてくれるのかを調べることが大切といえます。

ちなみに、結婚相談所の料金内訳が知りたい方はこちら

結婚相談所の料金比較!あなたにピッタリのサービスを見つけよう

3.結婚相談所にはそれぞれ特徴がある

こうして考えると、結婚相談所は結局どこがいいの?と思ってしまうかもしれません。そこで、結婚相談所を選ぶ判断基準をお伝えします。

そもそも結婚相談所にはそれぞれ特徴があります。例えば、業界で一番安かったり、30代の女性比率が一番高かったりといった具合に。

ですから、まずは婚活をするあなた自身が一番重視することを考えてみましょう。

結婚相談所は真剣な交際ができる相手を見つける場所です。そう考えれば、まずは希望する条件に合いそうな人が登録している結婚相談所を選ぶことが大切といえます。

そして、アドバイザーが手厚くサポートしてくれたり成婚率が高かったりと、結婚というゴールにより近づけることが重要ですよね。

つまり、結婚相談所はどこがいいかを決めるときに優先すべきは、この相談所なら成婚できる!というイメージが可能なところを選ぶことです。

おわりにーー

いかがでしたでしょうか。

これであなたも結婚相談所の選び方がわかったと思います。いまはインターネットで検索すると結婚相談所はたくさん出てきます。

そのため、どこを選べばよいか迷ってしまうこともあるでしょう。しかし、今回お伝えしてきた情報を整理すれば、結婚相談所はどこがいいか選べるはずです。

30代で結婚!を目指すなら、この機会にぜひ結婚相談所を有効に活用して、人生の大イベントを成功させてくださいね。

もう一記事いかがですか?「婚活中のかたは必読! 1年以内に結婚できる婚活写真があるってホント!?」はこちら

婚活中のかたは必読! 1年以内に結婚できる婚活写真があるってホント!?

婚活に、プロデューサーの力を。

1年以内の成婚率は78.9%!

婚活ならクラブ・マリッジで。