成功するプロポーズのタイミングは?結婚相談所の婚活プロセス

結婚相談所で成婚するカップルは、順調な交際を経てプロポーズも絶妙なタイミングでされています。

あなたは「そんなの結果論じゃないの?」と思うかもしれません。確かに、結婚は、その方法や順番が決まってるわけではないので、会社の仕事のように恋愛をするのはムリがあるでしょう。

しかし、結婚相談所には成婚へのプロセスがあるんですね。そのため、婚活をスムーズに進めることができるのです。

そこで今回は、結婚相談所でのプロポーズを中心に、婚活プロセスについてお伝えします。

▼目次

  1. 結婚相談所で成婚するまでのプロセス
  2. まずは真剣交際を目標に!
  3. プロポーズのタイミングは?
  4. おわりにーー

結婚相談所で成婚するまでのプロセス

結婚相談所で成婚するまでのプロセスは次の通りです。

お見合い→交際→真剣交際→プロポーズ=成婚

このように、結婚相談所では成婚に至るまでのプロセスが決まっています。

とはいえ、交際が決まったからといって、いきなり彼氏彼女の関係になるわけではありません。また、ダラダラと何年も交際を続けることも好ましくないのが結婚相談所のルールでもあります。

また、多くの結婚相談所では交際から3ヶ月で成婚の意思表示をするのが一般的です。3ヶ月なんていわれると、あせりを感じてしまう人もいるでしょう。

しかし、仕事が忙しい人は、合コンや婚活パーティーに参加するといった時間がなかなかとれないはずです。そのため、交際相手とだけ時間を共有し、それ以外は仕事に打ち込めるのでむしろ効率的な生活ができます。

つまり、婚活プロセスに沿った行動をすることで、成婚を目指せるということです。

まずは真剣交際を目標に!

婚活のプロセスに沿った行動で最初のポイントは真剣交際ができるかどうかです。

お見合いから交際OKとなっても、その段階ではまだ真剣交際とはいえません。お互いがどんな人なのかを知るために、食事やカフェでのお話からはじめて、デートの回数を重ねていきます。

こうして短い期間に何度も会うことで、相手の人となりがわかってきますから、そこで真剣交際をするかどうかが決まるのです。そして、真剣交際をつづけた先にプロポーズが待っています。

このように、結婚相談所ではプロポーズするまでにいくつかのステップを踏むことが大切ですが、まずは真剣交際を目標に活動することを意識してみると良いでしょう。

プロポーズのタイミングは?

結婚相談所はプロポーズの成功は婚約とイコールですから、婚約したら成婚と定義しています。だからといって、プロポーズは結婚を決める重要なアプローチですから、安易に口にすることはできないですよね。

では一体、いつどんなタイミングでプロポーズすれば良いのでしょうか。

それは、プロポーズする準備が整ったときです。

そもそも、結婚相談所でプロポーズするには、プロポーズできる状況でなければいけません。例えば、自分と相手の両親へ結婚を前提にお付き合いしているという挨拶をしたり、気持ちを整えたりすることです。

ただ、こうした準備が整っていても、断られたくないという気持ちからプロポーズできないという人もいらっしゃると思います。でも、そんなときこそ役に立つのがカウンセラーです。

結婚相談所は、プロポーズを重要視していますから、交際カップルのことはいつも気にかけています。そのため、どのタイミングでプロポーズすればよいかも予測できるんですね。

ですから、プロポーズの準備ができていがならも、なかなか言い出せないという人はカウンセラーのアドバイスを仰ぐことをオススメします。

おわりにーー

いかがでしたでしょうか。

結婚相談所の婚活プロセスはとても効率よく交際できるため、プライベートな時間があまりない人や、出会いに恵まれない人は理想の結婚を叶えるのにとても有効です。特にプロポーズのタイミングは、成婚がかかっていますから、それまで以上に手厚いサポートが受けられるでしょう。

だからこそ、結婚相談所での活動は成功する可能性が高いのです。

もう一記事いかがですか?「真剣交際と仮交際の違いとは?相談所で1年以内に結婚を目指す人が知っておくべきルール」はこちら

真剣交際と仮交際の違いとは?相談所で1年以内に結婚を目指す人が知っておくべきルール

プロデューサーがトータル支援

お見合いを経て、交際が始まります。

そのすべての過程に、プロデューサーが寄り添い、

あなたの婚活をサポートします。

婚活に、プロデューサーの力を。

1年以内の成婚率は78.9%!

婚活ならクラブ・マリッジで。