公務員と結婚したい人が知っておくと損しない5つのこと

公務員は安定した職業のイメージがあり、女性が希望する結婚相手としてはダントツの人気があるといえます。そのため、公務員との結婚を望むなら、公務員の仕事や事情について詳しく知っておいた方が良いでしょう。

イメージだけでなく、きちんと理解した上で婚活に臨むことが大切です。そこで、公務員と結婚したい人が知っておくと損をしないことを5つにまとめました。

▼目次

  1. 公務員のメリットは安心安定
  2. 転勤や異動など環境の変化が多い
  3. 収入の安定=高額所得とは限らない
  4. 仕事が忙しくハード
  5. 公務員は結婚相談所でも競争率が高い
  6. まとめ

1.公務員のメリットは安心安定

公務員と結婚するメリットとしては、

◆景気に左右されない安定の収入
◆福利厚生が充実している
◆社会的な信用がある
◆リストラの心配が少ない
などがあります。結婚生活に安定を求める女性にとっては、嬉しい心強いメリットですよね。

また、すべての人に当てはまるわけではありませんが、公務員の性格は

◆保守的
◆真面目で誠実
◆努力家
◆責任感が強い
といった傾向があります。ほかにも、仕事柄、調和や人間関係を大事にしますので家族のことも大切にしてくれるでしょう。

2.転勤や異動など環境の変化が多い

特に、国家公務員の場合は、転勤が多いので環境の変わることがよくあります。そのため、どこにでもついていけるという気持ちや適応力、順応力があると良いでしょう。

また、住まい環境が変わっても、その土地の良さがありますので環境の変化は前向きに楽しむくらいの気持ちが大事です。

もし「転勤はしたくない」とか「ずっと同じ場所で暮らしたい」という場合は、地方公務員の方がオススメといえます。これは、異動があったとしても同一都道府県内で済むからです。

ただ、地元に住んでいることで相手の両親との同居の可能性も出てくるかもしれませんから、そのあたりは頭に入れておく必要があるでしょう。

3.収入の安定=高額所得とは限らない

収入の安定は、公務員の一番のメリットと思いがちですが、公務員といっても様ざまです。収入が安定しているからといって、収入が多いとは限らない場合もあります。

確かに、公務員の収入は年々上がりますが、20代~30代は、収入が高いとはいえません。そのため、家計を上手くやりくりする必要があり、控えめな生活になりがちになることも考えられます。また相手によりますが、家庭を守ってほしいと思う人もいれば、共働きで家計を支えてほしいと思う人もいます。ですから、2人でよく話し合い協力し合う姿勢が大切です。

4.仕事が忙しくハード

公務員は、定時で帰れるイメージがあるかもしれませんが、誰もが定時退社で完全週休二日とは限りません。残業が多く、勤務時間や休暇が不規則な場合もあります。

中には緊張する現場で働く人もいますので、家庭ではリラックスできるように、癒しと安らぎのある環境を整えることが大切です。また、人と関わることが多く、ストレスや悩みを抱える人もいるでしょう。

そのため、相手の仕事だけでなく相手の内面も理解し、しっかりとしたサポートが必要といえます。

5.公務員は結婚相談所でも競争率が高い

男性公務員は、職場に女性が少なかったり、仕事が忙しくて恋愛する時間がなかったりすることが多い傾向にあります。

そのせいか、結婚相談所に登録している人もたくさんいるんですね。ですが、メリットがたくさんあることから女性からは人気が高く、男性公務員は相手を選べる状況です。

そのため、女性らしい長所や他の人にはない魅力を磨くことがポイントアップにつながります。また、相手に合わせられる柔軟さや、気配り上手な面も好感度が増すでしょう。

まとめ

このように、公務員との結婚はメリットとデメリットをきちんと認識していることで、理想と現実のギャップが少なくなります。また、デメリットと思えることでも前向きに考えるなど、どのようにとらえるかが大事です。

公務員=安定といったことに執着せずに、相手の長所や内面の魅力にもしっかり着目しましょう。どの職業でも同じことが言えますが、お互いの価値観や意見を尊重し合うことが大切です。

もう一記事いかがですか?「男性が結婚したいと思うタイプ・選ばれないタイプの女性とは?」はこちら

男性が結婚したいと思うタイプ・選ばれないタイプの女性とは?

婚活に、プロデューサーの力を。

1年以内の成婚率は78.9%!

婚活ならクラブ・マリッジで。