結婚相手の出会いをランキング化|上位は◯◯だけど出会いが豊富なのは・・・

日本ではいま、初婚年齢がだんだん高くなっていますよね。特に女性だと、昔は25歳が結婚適齢期なんて呼ばれていたこともあり、仕事でキャリアUPすることは少なかったはずです。

しかし、これからは女性が社会でどんどん活躍する時代といえます。そのため、結婚に対する意識が遠のいてしまい「気づいたら年齢を重ねていた」という方も多いでしょう。

ただ、人それぞれ理想が異なるとはいえ、結婚願望はありますよね。そこで、どうすれば自分の思い描く結婚相手に出会えるのか?結婚の出会いをランキング化してご紹介します。

▼目次

  1. 結婚の出会いランキング上位は?
  2. 職場以外の出会いで上位を占めるのは?
  3. 出会いが豊富な結婚相談所
  4. まとめ

結婚の出会いランキング上位は?

世の中にはいろいろな統計データがありますが、結婚の出会いランキングで必ず上位に入るのは「職場での出会い」なんですね。

よく「うちの職場にはイイ男がいない」とか「職場の女性と結婚するのは・・・」みたいな話を聞いたことがあると思いますが、実際にはたくさんのカップルが職場を通じて知り合っているのです。

これは、そもそも私たち日本人は仕事をする時間が世界的にも長いからといえます。そんな仕事ばかりの生活だからこそ、同じ職場の人は理解し合えるわけです。

ですから、ちょっとしたきっかけで男女の関係になれる可能性は高いため、職場の異性に目を向けてみるのも良いでしょう。

職場以外の出会いで上位を占めるのは?

結婚の出会いランキングのベスト3は、どのデータも似たり寄ったりで「友人・知人の紹介」や「学校の同級生や先輩・後輩」がランクインしています。

つまり、結婚相手との出会いの7割は、ランキングのベスト3に入っているのです。

結婚相手との出会いのきっかけベスト3
1. 職場の同僚・先輩・後輩
2. 友人・知人の紹介
3. 学校の同級生・先輩・後輩

こうして考えると、ドラマなどで見る偶然の出会いみたいなものは、確率的にかなり低いと言わざるを得ない状況です。

ただ、結婚を現実的に考えると、なかなか思うようにいかないという人が多いのではないでしょうか。実際に、職場や学校の異性に目を向けたり、友人・知人に異性を紹介されたりしても交際に発展していないのが現状だと思います。

では一体、どうすれば理想とする結婚相手にめぐり合えるのでしょうか。その選択肢のひとつが、ランキングを気にしないということです。そのあたりを掘り下げていきます。

出会いが豊富な結婚相談所

結婚相談所と聞くと、イコールお見合いと考える人は多いかもしれません。確かに、お見合い結婚の割合は、昭和の時代に比べてかなり減りました。

しかし、いまの結婚相談所は入会したからといって、いきなりお見合いをするわけではありません。自分の職業や年収・結婚への価値観などプロフィールを明かし、相手に求める条件とマッチングする異性とお見合いします。

そのため、お見合いの段階で、ある程度の相性が一致しているんですね。もちろん、そこからのコミュニケーションは自身の努力が大切ですが、結婚相談所は希望する条件の相手と出会えるメリットがあります。

また、お見合い後に交際が決まっても、その日から彼氏彼女の関係になるわけではありません。相手が配偶者にふさわしいかを見極めながら距離を縮めていくので、だんだんと「好き」になっていく感じです。

そういう意味では、一般的な恋愛結婚とは異なるかもしれませんが、出会いの数や理想の結婚に十分近いのが結婚相談所でもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。結婚の出会いランキングでお見合いは下位ですが、実際に結婚するのはあなた自身ですから、ランキングはあまり気にする必要がないといえます。

もちろん、職場や学校、友人・知人の紹介で結婚相手が見つかるに越したことはありません。ですが、出会いのきっかけと考えたとき、結婚相談所を選択肢のひとつとして頭に入れておいても損はないといえるでしょう。
ランキングに関するデータ引用元

もう一記事いかがですか?「結婚相談所の流れを知りたい!はじめての婚活5ステップ」はこちら

結婚相談所の流れを知りたい!はじめての婚活5ステップ

婚活に、プロデューサーの力を。

1年以内の成婚率は78.9%!

婚活ならクラブ・マリッジで。