「年収と結婚は関係ない」と言うけれど・・・収入の理想と現実は男女で違う?

長い間、彼氏彼女がいない状況からようやく出会った運命の相手と結婚。でも、お金の問題で夫婦ゲンカが絶えず、ついには「離婚」というカップルも少なくありません。

よく「好きなったら相手の収入は関係ない」と言いますが、現実的には結婚生活でお金は必要不可欠です。

そこで、年収と結婚の関係性について、男女の価値観の違いを中心に考えてみたいと思います。これから婚活をはじめる方は、ぜひ意識しておくと良いでしょう。

▼目次

  1. 結婚相手の収入に対する男女の価値観
  2. 年収は婚活に影響を与える
  3. こだわりすぎは失敗する
  4. まとめ

結婚相手の収入に対する男女の価値観

結婚相手の収入に対しては、ある結婚式場を経営する会社が算出した興味深いデータがあります。

それは、男性は「好きになったら収入の額は関係ない」という回答がいちばん多かったことに対し、女性は「結婚相手に年収500万円以上」の収入を求める人がいちばん多かったことです。また、このランキングでは女性の2位も「年収300万円以上」でした。
データ引用元

このように、男性と女性では収入に対する価値観が大きく異なります。

女性が男性に比べてお金にシビアなのは、結婚後の生活に対するイメージや自身の人生設計からある程度の計算がはたらくからでしょう。でも、これはある意味、当たり前のことです。

結婚はお互いが支え合って生活していきます。仮に、仕事に集中したい男性が妻に専業主婦を求めたら、夫の収入で2人分の生活をしますよね。

また、出産・育児も考えれば男性の収入が少ないと、あこがれの結婚とは違い苦しい生活になってしまいます。

男性側からすると、こうした女性の意見は「お金目当て」みたいにネガティブな捉え方をするかもしれませんが、結婚と恋愛はやはり違うということです。

現実的に毎年3割くらいのカップルが離婚しており、その原因がお金というケースも少なくありませんから、年収と結婚の関係性はある程度の意識が必要といえるでしょう。

年収は婚活に影響を与える

「自分も30代半ば、そろそろ結婚したい」そんな想いから婚活をはじめる方も多いと思います。ですが、先ほどお伝えしたデータからもわかるように、年収が婚活に与える影響は間違いなくあるといえます。

もちろん、お金がすべてではないでしょう。ルックスや性格も好みでない相手とは交際しないはずです。

ですが、交際しているときと結婚後では、これまでと生活がガラリと変わります。お互いのお金に対する価値観が一致しないと、やはり夫婦ゲンカのもとになる可能性は高いですよね。

そのため、婚活では相手の希望条件に年収を重視することも交際成立のポイントといえます。実際に、年収◯◯◯万円以上の経営者が集まる婚活パーティーや年収の高い人たちが多く入会する結婚相談所がありますから、年収と結婚は深い関係があるということです。

こだわりすぎは失敗する

年収と結婚は関係性があるとお伝えしましたが、年収にこだわりすぎると婚活に失敗する場合があります。

例えば、婚活アプリや結婚相談所で年収1,000万円以上という希望条件に設定したとしましょう。しかし、ライバルが多すぎて相手に見向きもされなかったり、実際に会ってみたら考え方が違いすぎて「交際はちょっと・・・」となったりすることがあるんですね。

また、無事に成婚してもお金が原因で離婚ということも珍しくありません。

もちろん、必ず失敗するというわけではないですが、相手の年収にこだわりしぎるとイメージしていたような婚活・結婚は叶わないかもしれません。

そう考えると、年収と結婚は、相手に求めるほかの条件とのバランスが大切といえますね。

まとめ

年収は結婚と関係性が強いですが、男性と女性ではその価値観が異なります。そのため、婚活では収入に対する価値観の違いから、なかなか交際に発展しないケースもあるでしょう。ですから、相手の年収は意識しつつもこだわりずぎずにバランスの良い条件を設定すると、あなたの婚活は出会いに恵まれるといえます。

もう一記事いかがですか?「記事のタイトルを記入」はこちら

結婚の理想を叶えるために心がける3つのこと

婚活に、プロデューサーの力を。

1年以内の成婚率は78.9%!

婚活ならクラブ・マリッジで。