婚活で高望みはダメなの?30代の婚活で失敗しないコツ

30代は、20代と違って仕事の基盤が固まり、人間としても色いろなことが整ってきますよね。そんな中、これからの人生を考えたときに頭をよぎるのが結婚の二文字。

でも、「職場の人や友人・知人で彼氏彼女の関係になれそうな人はいないから、婚活で結婚相手を探す」という人は少なくないと思います。とはいえ、理想の相手がなかなか見つからないのが現状ではないでしょうか。

周りからは「高望みし過ぎ!」なんていわれますが、人生の一大イベントに妥協したくないのも本音ですよね。

そこで、30代が婚活で失敗しないコツをご紹介します。

▼目次

  1. 「婚活で高望み」は悪いことじゃない
  2. 理想の相手は明確にしよう
  3. 理想に合わせた行動が大事
  4. おわりにーー

「婚活で高望み」は悪いことじゃない

結婚相手の理想が高いことは決して悪いことではありません。

よく婚活で失敗する人に対して「身の丈にあった相手を見つけよう」みたいなアドバイスをする人がいますが、それでは理想の結婚生活は望めないでしょう。だからといって、ただ高望みしているだけでは出会いのない毎日に悲観してしまうだけです。

では一体どうすれば婚活で高望みしても上手くいくのでしょうか。それは、理想に合わせて自分磨きをすることです。

婚活で高望みしている人が失敗する理由は、
・結婚相手に高い年収を求めながら、ハイクラスの婚活をしていない。
・理想の相手と知り合ったのに、相手に好かれるための行動をしていない。
・・・といったことがよくあります。

つまり、高望みすることがNGなのではなく、理想を叶えるための行動をしていないことが婚活の失敗につながるのです。

理想の相手は明確にしよう

婚活では、理想の相手が漠然としている場合も失敗につながります。

そもそも高望みといっても、どういう相手を高望みというのでしょうか。結婚相手の理想像は人それぞれ違うでしょう。

しかし、あなたの中で「◯◯な人と結婚したい!」という想いがあるはずです。
例えば、
・年収1,000万円以上
・企業の経営者または経営幹部
・趣味が同じで休日は一緒に楽しめる
・・・というように。

これが漠然としていると、どこで婚活をすれば出会いに恵まれるかわからないんですね。ですから、まずはあなたが考える理想のパートナー像を明確にすることが大切です。

理想に合わせた行動が大事

理想のパートナー像を明確にしたら、そういう人たちが集まる場所にいくことが婚活を成功させる第一歩です。

実際に、独身の企業経営者が集まる婚活パーティーや年収1,000万円以上の人が多く登録している結婚相談所など、あなたの理想を叶えるチャンスは存在します。

ですから、まずはどこで婚活するかを決めましょう。

婚活する場所が決まったら、今度はそこで出会う人たちとしっかりコミュニケーションがとれるようにすることが大切です。

「類は友を呼ぶ」ということわざがあるように、人は自分と似たような境遇を好む習性があります。そのため、理想のパートナー像の人と出会っても、性格や価値観の違いについていけずに失敗することが多いんですね。

もちろん、相手に合わせてばかりいたら、それはそれでストレスにもなりますからムリは良くないでしょう。しかし、相手に好かれるためにも、相手の考えを理解することは必要です。

特に年収1,000万円以上で企業の経営にかかわるような人は、男性でも女性でも一般的な会社員とは視点が違いますから、そのあたりは頭に入れて行動しましょう。

おわりにーー

婚活で高望みすることはNGではありません。

しかし、結婚相手に対する理想があるなら、自身が理想のパートナー像の人たちに見合う存在になることが必要です。そして、理想の相手と交際・結婚するには自分磨きが欠かせません。

自分磨きを怠ると婚活は失敗し、結局「婚活で高望みはダメ!」といわれてしまうのです。そうならないためにも、自身の気持ちをハッキリさせて、理想に見合う行動を心がけましょう。

もう一記事いかがですか?「プロが分析する「婚活を始めるのに最適な年齢」は何歳?」はこちら

プロが分析する「婚活を始めるのに最適な年齢」は何歳?

婚活に、プロデューサーの力を。

1年以内の成婚率は78.9%!

婚活ならクラブ・マリッジで。