婚活が難しいと感じる人向け「良縁」に恵まれる秘訣はミスマッチの解消

婚活をはじめて数ヶ月、これまで婚活アプリやパーティーなど、いろいろ試したけど出会いに恵まれないという方は何が足りないのでしょうか。

婚活をしているのに、交際につながらないとガッカリ感から「自分はこのまま結婚できないのでは?」とネガティブになってしまいますよね。そして、婚活は難しいから「結婚はあきらめよう!」と思う方も少なくないでしょう。

でも、婚活が難しいと感じる方は、ほんの少し視点を変えるだけで運命の出会いを引き寄せることがあるんですね。実際に、出会いに恵まれない原因が単純な出会いのミスマッチであることは意外に多いものです。

そんな出会いのミスマッチを解消し、婚活して良かったと思える出会いの秘訣をご紹介します。

▼目次

  1. なぜ出会いのミスマッチが起こるのか?
  2. 出会いのミスマッチを解消するには
  3. 結婚相談所にこだわらなくてもいい
  4. まとめ

なぜ出会いのミスマッチが起こるのか?

そもそも出会いにミスマッチが起こるのはなぜでしょうか。その理由は主に「希望する条件の相手に自分をアピールする行動をしていない」です。

もしかすると、あなたは「こんなの好きになったら関係ない」と思うかもしれません。しかし、婚活は一般的な恋愛とは違います。

婚活は「結婚」が前提ですから、ある日突然に胸キュンして付き合いはじめるものではありません。知り合って、交際を重ねて、徐々に男女の関係を目指すものです。

そのため、婚活なのに恋活をしたり、恋活なのに婚活をしたりすることで出会いのミスマッチが生じてしまうんですね。

例えば、まずは「友達からはじめよう」的なアプリならプロフィール写真はカジュアルな感じが良いと思います。でも、結婚相談所のプロフィール写真が、友人と飲み会をしている写真だったら結婚を真剣に考えているとは思われないですよね。

こうした行動が出会いのミスマッチの主な原因といえます。

出会いのミスマッチを解消するには

婚活が難しいと感じる理由が出会いのミスマッチにあるとしたら、それを解消することで、あなたはこれまでにない良縁に恵まれる可能性があります。

でも、出会いのミスマッチは簡単に解消できるのでしょうか。確かに、一言で「希望条件に一致する相手に自分をアピールする行動」といってもいろいろあります。

そこで、役立つのが婚活をプロデュースしてくれる人たちです。彼(彼女)らは婚活アドバイザーとかカウンセラーと呼ばれています。

例えば、結婚相談所で婚活をする場合、まずは結婚相手に求める条件を結婚相談所に伝えます。(結婚相談所のシステムに自身で入力する場合もあります)

そのとき、婚活アドバイザーやカウンセラーの人たちが、どんな行動をすれば良いかを提案してくれるんですね。「お相手の方は誠実なタイプを求めているから、プロフィール写真はフォーマルで真面目な感じが良い」とか「趣味をもっと詳しく記載して一緒に楽しめる感をアピールしましょう」みたいにです。

そうすると、希望条件に見合う相手とのお見合いが成立する可能性が高くなります。

結婚相談所にこだわらなくてもいい

婚活が難しいと感じる方が出会いのミスマッチを解消するための一例として、結婚相談所のアドバイスをご紹介しましたが、結婚相談所にこだわる必要はありません。

婚活アプリやパーティー、街コンなど、婚活ができる場所は結婚相談所でなくてもたくさんあります。大切なのは、出会いのミスマッチが起こらないように行動することです。間違った婚活を避ければ、理想の相手と出会うことができるでしょう。

ただ、婚活アプリやパーティーよりも結婚相談所(特に仲人型)は、あなたと二人三脚で婚活をするので成婚率は高いといえます。自分1人での婚活は難しいと感じるなら結婚相談所は有力な選択肢かもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

婚活が難しいと感じる人は、男性・女性に限らず出会いのミスマッチが主な原因といえます。ですから、まずは出会いのミスマッチを解消する行動をとることが良縁に恵まれる第一歩です。そして、その行動はたくさんの選択肢がありますから、婚活の難しさに悲観することなく試してみましょう。出会いは意外と目の前にあるかもしれません。

もう一記事いかがですか?「婚活パーティーの実態|調べてみたら意外に奥が深かった!」はこちら

婚活パーティーの実態|調べてみたら意外に奥が深かった!

婚活に、プロデューサーの力を。

1年以内の成婚率は78.9%!

婚活ならクラブ・マリッジで。