はじめての結婚相談所|お見合いや交際期間はどうなってるの?

結婚相談所がはじめてという方はいろいろ不安がありますよね。特にお見合いや交際期間など、実際に成婚までどのようなプロセスで進めていけばよいのでしょうか。今回は、婚活初心者に向けて、結婚相談所でお見合いをした後の流れについてお伝えします。

▼目次

  1. 1.お見合いが終わったら・・・
  2. 1-1. 交際に向けてのファーストステップ
  3. 1-2. 初デートに向けてのコンタクト
  4. 2.交際が始まったら・・・
  5. 2-1.デートを重ねて真剣交際へ
  6. 2-2.交際期間は3ヶ月が目安
  7. 3.交際期間中に注意すること
  8. 3-1.結婚相談所で禁止されていること
  9. 3-2.交際をお断りしたいときは・・・
  10. 4.成功事例をご紹介
  11. 4-1.交際3ヶ月でプロポーズに成功
  12. まとめ
  13. もう一記事いかがですか?「お見合い後の初デートで「次も会いたい」と感じてもらうためのコツ」はこちら

1.お見合いが終わったら・・・

お見合いが終わったら、最初にすることはカウンセラーへの連絡です。まずはお見合いのフィーリングをカウンセラーに伝えて、交際に進むかどうかの連絡をしましょう。

1-1.交際に向けてのファーストステップ

お見合いで相手の方と「上手くやっていけそう」と感じたら、遅くてもお見合いの翌日昼くらいまでにカウンセラーを介して交際を申し込みます。

相手の方とはお見合いが初対面ですから、わからないことが多いでしょう。ただ、交際したいかどうかをいつまでも迷っていたら、相手の方にも失礼です。そのため、交際の申し込みはできるだけ早く伝えることが大切です。

1-2.初デートに向けてのコンタクト

交際が成立したら、初デートに向けて相手の方とコンタクトを取り合います。お互いの連絡先は、結婚相談所を介して交換されますので、早速コンタクトをとりましょう。

コンタクトは、連絡先を交換した日に男性から電話をするのがマナーです。時間がとれないときも簡単な挨拶やお見合いのお礼はきちんとしておきましょう。女性側も忙しくて出れないときは、空いた時間にできるだけ折り返しの電話をかけることが大切です。

こうしてコンタクトを重ねたら、初デートの日取りを決めます。

ちなみに、交際を承諾した後で一度もデートをしないのはマナー違反ですから、十分気をつけてくださいね。

2.交際が始まったら・・・

交際が始まったら、気になるのが成婚までの交際期間ですよね。お見合い後の交際期間は3ヶ月が目安といわれていますが、そのあたりの真実に迫ってみたいと思います。

2-1.デートを重ねて真剣交際へ

初デートで相手の方から「次も会いたい」と思われれば、2回目、3回目とデートを重ねていくことになります。ですから、まずはデートを順調に重ねていくことが大切です。

そして、3回目のデートでは真剣交際、いわゆる結婚を前提に交際するかどうかを意識しましょう。このあたりは、カウンセラーもエスコートしてくれますから、結婚相談所のメリットをしっかり利用することが成功の秘訣といえます。

2-2.交際期間は3ヶ月が目安

結婚相談所にもよりますが、お見合い後の交際期間は3ヶ月が一般的です。そのため、真剣交際を意識したら、相手の方とはより信頼関係を深めていくことが重要になります。

3ヶ月で信頼関係を深めるというと、少し重たく感じる方もいるかもしれません。ただ、交際が始まったら、最低でも月に1回は結婚相談所に報告が必要です。

結婚相談所側も2人の交際状況を把握することで、成婚に向けての行動アドバイスが可能になります。ですから、3ヶ月と聞くと短く感じる方も多いですが、とても活発な毎日になるので充実感を得られるでしょう。

3.交際期間中に注意すること

お見合い後の交際期間では注意が必要なこともあります。

3-1.結婚相談所で禁止されていること

結婚相談所ではいくつかのNG行為があります。これはトラブルをお互いに避けるためにも大切なことですから、しっかり守ってくださいね。

結婚相談所でのNG行為
・成婚の意思に関わらずお金を貸し借りすること
・婚前の旅行や性交渉

お金は人を変えるとよく言いますよね。これは夫婦間でもよくあるトラブルです。お互いが結婚すると決めていてもお金の貸し借りはやめましょう。

成婚退会となる前に、旅行や性交渉をするのもNGです。結婚相談所を介しての出会い・交際なので結婚前のトラブルを避ける意味でも、NG行為には十分注意しましょう。

3-2.交際をお断りしたいときは・・・

真剣交際をしていたとしても、性格や価値観が合わないと感じることもありますよね。そのため、この人とは「結婚できない」と判断することもあるでしょう。

とはいえ、一方的に相手の方にNOを伝えることは避けるべきです。交際をお断りしたいときは、まずカウンセラーに連絡してくださいね。

4.成功事例をご紹介

お見合い後の交際期間は3ヶ月が一般的とお伝えしましたが、実際に婚活が成功した例はあるのでしょうか。

4-1.交際3ヶ月でプロポーズに成功

中小型の結婚相談所「クラブ・マリッジ」では、40代後半に婚活をスタートさせたWさんが交際3ヶ月でプロポーズを成功させました。

出会いの比率が下がる40代でも上手くいくのですから、あなたが20代・30代なら、3ヶ月という短い期間でも十分に成婚の可能性はあるといえるでしょう。

交際3か月でプロポーズ! 40代男性が1年以内に結婚できた理由は? ①

まとめ

いかがでしたでしょうか。お見合い後はお互いしっかりとコンタクトを取り合い、順調なデートを重ねて真剣交際につなげる努力が大切です。そして、交際期間もカウンセラーの協力を得て、充実した3ヶ月を送ることに注力しましょう。結婚相談所をはじめて利用する方は、今回お伝えした婚活の流れや注意すべきことをぜひ参考にしてみてくださいね。

もう一記事いかがですか?「お見合い後の初デートで「次も会いたい」と感じてもらうためのコツ」はこちら

お見合い後の初デートで「次も会いたい」と感じてもらうためのコツ

婚活に、プロデューサーの力を。

1年以内の成婚率は78.9%!

婚活ならクラブ・マリッジで。