理想の高い人が理想の結婚相手を見つけるために心がける3つのこと

子どもの頃にあこがれていた職業についたことから、ついつい高い理想を追い求めがちな女性は少なくないはず。でも現実は、付き合っては別れることの繰り返し。同棲も経験したけど結婚には至らず、40代が近づきあせりも感じている・・・。

そんな女性にピッタリな理想の結婚相手の見つけ方をご紹介します。

▼目次

  1. 1.理想にも柔軟性を持たせる
  2. 1-1.相手を加点方式で考える
  3. 1-2.理想の結婚相手を見直す
  4. 2.相手に理想を押しつけない
  5. 2-1.利己的でなく利他的に!
  6. 2-2.自身の婚活について分析する
  7. 2-3.内面を磨く努力をしよう
  8. 3.理想の結婚相手と出会う王道を行く
  9. 3-1.出会いの幅が120%広がる結婚相談所
  10. 3-2.カウンセラーのアドバイスは有効なの?
  11. 3-3.理想と現実のギャップを埋める
  12. まとめ

1.理想にも柔軟性を持たせる

よく「あなたは理想が高ずぎるのよ!」といった会話を耳にすることがありますよね。自分では理想が高いと思っていないのに、周りの友だちからはそう言われてしまう・・・。

もちろん、ムリに妥協する必要なんてこれっぽっちもありません。結婚は人生を大きく左右することですから「この人でいいか」なんて考えていたら、出会いに恵まれるどころかDVや離婚など大きな失敗につながる可能性だってあります。

とはいえ、ないものねだりでは理想の男性と出会うことは難しいでしょう。そこで必要な考え方が、理想に柔軟性を持たせることです。

1-1.相手を加点方式で考える

私たち人間は相手のイヤな部分を見てしまうと、どうしてもマイナスイメージを抱いてしまいます。

たしかに、お見合いや初デートで服が汚れていたり、上から目線の会話(オラオラ系)だったりしたら交際は難しいでしょう。

しかし、相手に対して「いい人だな」という感情があるときに、相手を減点方式で見てしまうのはもったいないことです。長く一緒にいれば、どうしても合わないことが出てきますから、最初から理想と違うことにNOの判断を下すことはやめたほうが賢明といえます。

では一体どうすれば良いのでしょうか。

それは、相手を加点方式で見てあげることです。

相手の良い面に目を向けていると、すでに「いいな」という感情を持って接していますから、自然と相手を好きになっていきます。相手も長所を褒められれば気分が良いですし、あなたへの思いやりが深まるはずです。

そうやって交際を続けていけば、イヤな部分が気にならなくなります。仮に許せない部分があっても、信頼関係を築いているので、相手と話し合って解決することができるでしょう。

1-2.理想の結婚相手を見直す

理想の結婚相手は◯◯な男性!とハッキリさせるのは良いことです。事実、そう考えていれば、自然と理想に近い男性だけに目が行きますからムダな出会いはなくなります。

ただ、ときにはこだわりを譲歩することも大切です。

例えば、結婚相手の男性は医師じゃないとダメ!とか年収が◯◯◯万円以上じゃないとムリ!みたいに考えないことです。そうしないと、付き合ってみたいと想う男性が、理想の年収に少しでも足りなければNGとなってしまいます。また、医師ではなく医療関係者もNGと考えてしまうからです。

つまり、理想は高い低いで考えるのではなく、一つの基準として考え柔軟性を持たせることが大切といえます。

2.相手に理想を押しつけない

2-1.利己的でなく利他的に!

理想が高い人が理想の結婚相手に出会うためには、利己的でなく利他的であることも大切です。

例えば、お見合いや初デートで自分の理想をアピールするのではなく、相手に合わせてみてください。もしかすると、あなたは「何でそんなことしなくちゃいけないの?」と感じたかもしれません。

しかし、自分がしてほしいことを先にやることで、相手は「自分もお返ししなきゃ」と思うものです。そうすると、自然と相手が自分の理想にだんだん近づいてくるので、交際も順調に進むでしょう。

明確な理想を持つことは大事ですが、はじめから理想ありきで行動しないことも交際に向けたコツといえます。

2-2.自身の婚活について分析する


婚活をしているけど、なかなか理想とする相手との出会いがないという女性は、自分自身を見つめ直すことも必要です。

相手の男性に対して「理想と違う」と感じることは、悪いことではありません。でも、あなた自身が相手の男性を「理想と違う」ようにしている可能性もあります。

例えば、あなたは結婚しても仕事を続けたいと考えているとします。そこで、初対面の男性と仕事や家事の話になって「男性も家事をする時代」みたく理想を押し付けてしまったら、仕事が忙しい男性は引いてしまうかもしれません。

もちろん、男性も家事や育児に関わり、仕事と家庭を両立できた方が結婚生活は上手くいくでしょう。ただ、そういった話は交際を続けて、いよいよ結婚という段階で話し合うことです。

そのため、まずは自身の婚活方法で問題がないか見つめ直してみると良いでしょう。

2-3.内面を磨く努力をしよう

理想の結婚相手は意外と身近なところいる可能性もあります。でも、自分目線ではなかなか気づかないものです。

そこでポイントとなるのが、女性としての内面を磨くことです。婚活をしていれば外見には相当気をつかっていると思います。

でも、資格を取ったり趣味を楽しんだり、自分磨きもしている女性は外見がさらに輝いて見えるものです。そうすると、顔見知りだったけどよく知らなかった男性から、声をかけられるなんてことがあるかもしれません。

そして、その男性が理想の結婚相手にとても近い存在だった!なんてことも決して珍しい話ではないでしょう。

そういう意味でも、周りから注目されるように相手目線の態度をとることも重要です。

3.理想の結婚相手と出会う王道を行く

3-1.出会いの幅が120%広がる結婚相談所

職場での出会いや友だちの紹介では、理想の結婚相手がいないという方は結婚相談所も選択肢の一つです。

なぜ結婚相談所なら出会いの幅が広がるのかというと、結婚相談所に登録している人数が圧倒的に多いからなんですね。

そもそも職場や友だちの紹介で、あなたの理想とマッチする方と出会える確率はどのくらいあるでしょうか。

もちろん、結婚は確率で考えるものではありませんが、出会いがないより出会いの数が多い方が良いに決まってます。

また、多少条件が違っても実際に会ってみたらフィーリングの合う男性だったというパターンは意外とあるものです。

3-2.カウンセラーのアドバイスは有効なの?


結婚相談所には通常、カウンセラーと呼ばれるあなたの婚活をサポートしてくれる人がいます。

理想の高いあなたはカウセンラーのアドバイスを聞き入れ難いと感じるかもしれませんね。でも、結婚相談所のカウンセラーはそれこそ婚活のプロです。

もし、これまでの婚活が上手くいっていないのなら、カウンセラーの言葉を素直に信じるのも一つ手ではないでしょうか。

もちろん、人の言いなりになる必要はありませんが、プロの意見を取り入れることも大切です。

3-3.理想と現実のギャップを埋める

結婚相談所に入会したら、まず心がけることは理想と現実のギャップを埋めることです。

理想と現実のギャップを埋めるとは妥協することではありません。現実的にどんな男性が登録しているのかを冷静に見極め、自分の理想にどれくらい近いのかを確かめていきます。

そして、実際にお見合いや初デートを経験しながら、相手に好かれるように行動しましょう。そうすると、1年もしないうちに理想の結婚相手と出会い、ゴールインできる可能性が高まります。

まとめ

理想の高い人が理想の結婚相手を見つけるには、
・柔軟な考え方
・利他的な態度と自分磨き
・結婚相談所の有効活用
の3つを心がけることが大切です。

自分の理想が高いということは相手も理想が高いかもしれませんから、お互いを思いやり自分自身を磨くことで、理想の結婚相手とのマッチングを目指しましょう。

ちなみに、実際に結婚相談所を利用するとなったら、成婚プロセスや料金などいろいろと気になりますよね。そんなときは、こちらの記事でくわしく紹介しておりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

お見合いの料金っていくらかかるの?結婚相談所の料金体系