婚活のプロが解説!結婚相談所の「お見合い」最新事情2019

お見合いという言葉を聞くと、昔は親どうしが結婚相手を決めるイメージだったので抵抗を感じる方は多いかもしれません。しかし、現代は学校や職場でオフラインの付き合いが薄くなりつつあります。

事実、出会いのチャンスが少なく30歳を過ぎても未婚という女性が多いという調査結果も・・・。

30歳~34歳の女性の未婚率:34.6%
35歳~39歳の女性の未婚率:23.9%
※2015年国勢調査より

そのため、結婚相談所のお見合いで成婚するカップルも増えています。

少子高齢化が進む日本で、お見合いはビジネスというよりも公共的なサービスに近い存在です。そこで、イマドキのお見合い事情を婚活のプロが徹底解説します。

▼目次

  1. ごあいさつ
  2. 1.結婚相談所の「お見合い」最新事情
  3. 1-1.結婚相談所のお見合いは準備で決まる
  4. 2.お見合い成功のコツは身近な話題
  5. 2-1.お見合いの話題1「趣味や休日の過ごし方」
  6. 2-2.お見合いの話題2「食の好み」
  7. 2-3.お見合いの話題3「好きな音楽や映画」
  8. 3.結婚相談所でお見合いが上手くいく人の共通点
  9. 3-1.価値観の違いに対する理解
  10. まとめ

ごあいさつ

婚活プロデューサー 笹岡
こんにちは。クラブ・マリッジの婚活プロデューサー 笹岡です。

クラブ・マリッジでは、2015年5月の設立以来、「ITとおせっかいを融合したサービスづくり」を目指し、「数値」にこだわってサービスを提供してきました。

おかげさまで、2018年8月までの成婚率は24%と、5人に1人は結婚というゴールを達成しています。

今回は、結婚したいけど出会いのチャンスがないという方に向けて、結婚相談所のお見合いについて最新事情をお伝えしていきたいと思います。

1.結婚相談所の「お見合い」最新事情


結婚相談所のお見合いで最も大切なことは、プロフィールの作成やカウンセラーとの打ち合わせなど、事前準備といえます。

先入観や偏見はよくないですが、お見合いを希望する相手についてある程度は知っておかないと、せっかくのお見合いがぎこちないものになってしまいますよね。

では実際に、どんな準備をすれば良いのでしょうか。具体的に探っていきましょう。

1-1.結婚相談所のお見合いは準備で決まる

プロフィールはわかりやすく!

まずは自身のプロフィールをわかりやすく書きましょう。

特に趣味や結婚観のアピールはとても重要。お見合いは結婚するかもしれない相手とするものですから、もともとの価値観が合わなそうな人とのお見合いは時間がムダになってしまいますよね。

もちろん、年齢や職業など、条件にこだわりを持つ方もいらっしゃるでしょう。しかし、趣味や価値観のマッチングは非常に大切です。

プロフィールでの具体的なアピールはミスマッチングをなくすことにもつながりますから、ぜひ入念な準備をしてくださいね。

相手の情報もちゃんと聞こう!

お見合い相手の情報はシステム上でわかりますが、カウンセラーを通じてある程度の聞き取りはしておいた方が良いでしょう。

例えば、理想とする家庭のスタイルだったり、子どもが欲しいかどうかだったりといった結婚に対する価値観です。

もちろん、お見合いでは趣味や出身地などライトな話題から入るのが常識ですから、いきなり結婚の話にはならないと思います。ですが、お見合い相手の価値観について予め知っておくことは交際の判断基準になりますから、やはり事前チェックが大切です。

2.お見合い成功のコツは身近な話題


お見合いが成立しても、残念ながら交際に至らないケースが少なからずあるんですね。そこで、お見合いを盛り上げるために、お見合い当日の話題についてご紹介します。

2-1.お見合いの話題1「趣味や休日の過ごし方」

お見合いで盛り上がる話題の定番は趣味や休日の過ごし方です。

共通の趣味があると、長く一緒に楽しむことができますよね。もし、相手と趣味が合わなくても、趣味について生き生きと語ることで相手の好奇心が芽生えるかもしれません。

また、趣味や休日の過ごし方は相手の金銭感覚を知ることもできます。

会話例:
男性:ペットを飼っているので休日はよく公園にお散歩したり、ペットショップに行ったりしますね。
女性:そうなんですか。私も犬を飼ってるんです。ペットは何を飼ってるんですか?

こうした会話なら、女性の頭の中は「ふむふむ、動物好きという点は合いそうだし、話しぶりから浪費グセもなさそう・・・」となりますよね。

お見合いでいきなりお金の話をするのはNGですが、何にお金をつかっているのかを把握する意味でも、お互いの趣味や休日の過ごし方は重要です。

2-2.お見合いの話題2「食の好み」

食の好みもお見合いの話題によく上がります。というようり、食の好みは絶対聞いておいた方が良いでしょう。

お見合い相手は、もしかしたら結婚するかもしれない人です。あまりに食の好みが合わないと、一緒に暮らすのにストレスを感じるかもしれませんよね。

例えば、せっかく作った料理を食べてもらえなかったり、外食のお店選びでケンカになったりと・・・。

毎日の食生活を考えると、食の好みは似ている方が間違いなく良いでしょう。

2-3.お見合いの話題3「好きな音楽や映画」

好きな音楽や映画はプロフィールの趣味欄にも記載されることが多いので、お見合いをする時点では共感できる話題が生まれやすく、自然と会話が盛り上がるといえます。

会話例:
男性:映画◯◯は▲▲のシーンが好きなんですけど、DVDより映画館で見る方が迫力あっていいですよね。
女性:それ、わかります。私も同じ3回も観に行っちゃいました。

お見合いは初対面であるがゆえに、どうしても緊張してしまうことがあるでしょう。しかし、相手のある程度の情報はわかって会うので、ご紹介したような話題で盛り上がれば交際に発展する可能性は十分あるといえます。

3.結婚相談所でお見合いが上手くいく人の共通点

3-1.価値観の違いに対する理解

結婚相談所でお見合いをするとき、上手くいく人には共通点があります。それは、仮に価値観が違っても否定しないことです。

人はそれぞれ個性があります。価値観が100%同じという人はいませんよね。

そのため、相手とは価値観が違って当然というスタンスでいる・・・つまり、こういう考えもあるんだと前向きに考えたり、視野を広げたりする歩み寄りの姿勢がお見合い成功の秘訣でもあるんですね。

それに、「夫婦は似る」なんて言葉もありますから、相手を尊重する気持ちがあれば相手もあなたに合わせるようになるでしょう。ですから、お見合いの段階で多少合わない部分があっても「この人は結婚相手じゃない!」と決めつけず、じっくり観察して判断することが大切です。

まとめ

婚活プロデューサー 笹岡
いかがでしたか。

イマドキのお見合いは、昔のように親どうしが決めた相手と結婚するために、相手に合わせるのではありません。お見合いのためにきちんと準備をして、お見合い当日は盛り上がる話題で相手の価値観をよく観察していくんです。

そう考えると、結婚相談所のお見合いは合コンや婚活パーティーと似ていますが、1人1人とじっくり向き合いカウンセラーがサポートするなどの支援体制は全く違います。

また、相手がどんな人物かといった身元の保証もありますから、安心して婚活することができるのも結婚相談所の特徴です。

これからも、婚活のお役に立てる情報を提供してまいりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ちなみに、無事にお見合いが終わると、交際のステージに進みます。ただ、交際も初デート・2回目のデート・3回目のデート・・・というように、いきなり結婚を前提とした真剣交際になるわけでありません。

デートを重ねることで、お互いがじっくりと相手を観察して真剣に付き合うかどうかを決めます。真剣交際がはじまったら、タイミングを見てプロポーズとなります。

婚活は恋愛のようなロマンチックさが物足りないと言われますが、こうしたプロセスは恋愛に似ているはずです。

結婚相談所でのお見合いがあなたの幸せのきっかけづくりになれば嬉しい限りです。

婚活に、プロデューサーの力を。

1年以内の成婚率は78.9%!

婚活ならクラブ・マリッジで。