サクラゼロ宣言!結婚相談所こそ結婚できる最適の場所!

20代は付き合ってい男性がいたけれど、30を過ぎて仕事が充実し、収入もそこそこ安定しているせいか結婚は「いい人がいれば・・・」程度という方は危険です。きっと35歳、40歳、45歳と年齢が上がるに連れて、このままじゃ一生独身!という可能性がどんどん上がっていくでしょう。

そんなときに見つけた結婚相談所の広告。でも、結婚相談所ってサクラがいるって聞いたことが・・・。

そこで、結婚相談所で活動してみたいけどサクラや詐欺などの不安を抱える方に、結婚相談所で結婚できる事例をご紹介します。

▼目次

  1. 1.結婚相談所にサクラはいない
  2. 2.結婚相談所で結婚できる
  3. 2-1.結婚相談所は彼氏を探す場所じゃない
  4. 2-2.結婚相談所は結婚相手と出会う場所
  5. 2-3.結婚しないと結婚できないは違う
  6. 3.コミュニケーションが苦手でも結婚できる
  7. 3-1.結婚相談所は似た者同士が集まる
  8. 3-2.理想の相手は必ずいる
  9. 4.成婚率24%のクラブ・マリッジが誇るサポート
  10. 4-1.カウンセラーのサポート事例1
  11. 4-2.カウンセラーのサポート事例2
  12. まとめ

1.結婚相談所にサクラはいない

よくインターネットで結婚相談所のランキングや口コミを見ると、「◯◯結婚相談所にはサクラがいる」みたいな情報を見かけることがあります。たしかに、そんな情報を見たら、これから婚活をはじめる人は不安になりますよね。

ですが、基本的に結婚相談所にサクラがいることはありません。なぜなら、結婚相談所はいまや立派な商売です。

大切な会員さまが結婚できなければ、評判が下がり経営が悪化してつぶれてしまいますよね。もちろん、すべての会員さまが結婚できるかといえば、残念ながらそうではありません。

ただ、少なくとも「結婚相談所にはサクラがいるから婚活はやめよう」という考え方は、出会いのチャンスを失いかねませんので、やめたほうが良いでしょう。

2.結婚相談所で結婚できる

結婚相談所は結婚できる場所です。そういうと、「実際は結婚相談所に入ったけど、結婚できないじゃないか」という声が聞こえてきそうですが、これにはいくつかの原因があります。

ですから、まずは結婚相談所で結婚できるタイプの男性になることからはじめましょう。

2-1.結婚相談所は彼氏を探す場所じゃない

結婚相談所でうまくいかない女性の中には、ちょっとした勘違いをしている方もいらっしゃいます。それは、結婚相談所で彼氏が見つかるという考えです。

たしかに、真剣交際となればお相手の女性はまさに「彼氏」ということになります。しかし、お見合いがうまくいって初デート(交際)にこぎつけたとしても、その時点で相手の女性はまだ「彼氏」ではありません。

このあたりは、結婚相談所が出会い系や恋活アプリと明確に違うところです。彼氏を探すために気軽な感覚で活動していると、出会いの可能性は低くなるでしょう。

2-2.結婚相談所は結婚相手と出会う場所

結婚相談所が彼氏探しの場所でなかったら何なのかといえば、当然ですが、結婚相手と出会う場所です。

結婚相談所で結婚できる人は「結婚」の二文字をきちんと意識しています。もちろん、初対面であるお見合いの段階で、いきなり結婚の話になることはありませんが、結婚を意識してお見合い相手を探していることは事実です。

つまり、結婚したいという願望がちゃんとあって、その相手を見つけたいという想いで活動する場所が結婚相談所というわけです。

2-3.結婚しないと結婚できないは違う

では一体、結婚相談所での活動はどんな人が向いているのでしょうか。

それは結婚できない人です。
そもそも結婚しないと結婚できないは全く意味が違います。

過去に厚生労働省が行ったリサーチで結婚しない理由と結婚できない理由というデータがあります。

結婚しない理由
・まだ早い
・必要性を感じない
・仕事に打ち込みたい
・自由や気楽さを失いたくない

結婚できない理由
・適当な相手にめぐり会わない
・異性とうまく付き合えない
・結婚資金が足りない
・親や周囲が賛成しない

こうしたデータからもわかるように、結婚しない人は自身の意思で結婚しないのです。一方で、結婚できない人は、結婚願望を持ちながら上記のような理由(特に「適当な相手にめぐり会わない」)によって、結婚に対するハードルは高いと感じています。

つまり、結婚相談所は結婚しない人ではなく結婚できない人に向いていて、その人たちが結婚できる場所なのです。

3.コミュニケーションが苦手でも結婚できる

結婚したいけど結婚できないと思っている人は、どんな人でしょうか?それはコミュニケーションに苦手意識のある人です。ただ、コミュニケーションが苦手でも結婚相談所なら結婚できます。

3-1.結婚相談所は似た者同士が集まる

結婚相談所の会員さまで合コンやパーティーの盛り上げ役という人はほとんどいません。なぜなら、そういう人はコミュニケーション力が高く、自然と出会いを見つけているからです。

一方、コミュニケーションに自信がない人は出会い自体が少なかったり、出会いの場でもうまく自身を伝えられなかったりと、チャンスを逃していることが多いでしょう。

でも、だからこそ結婚相談所で活動することで結婚に近づくのです。

結婚相談所の会員さま同士は似た者同士も多いといわれます。お互いがコミュニケーションに苦手意識を持っているから、逆に相手の気持ちをわかってあげられるんですね。

それがお互い心地よいというか、優しさを感じれる瞬間にもなります。ですから、入会の段階ではコミュニケーションに自信がなくても問題ないのです。

3-2.理想の相手は必ずいる

結婚相談所で結婚できる人は結婚をあきらめない人です。例えば、IBJ(日本結婚相談所連盟)には約6万人の会員さまがいらっしゃいます。男女比を考慮しても2〜3万人も会員がいたら、結婚相手は必ず見つかります。

必ずなんていうと語弊があるかもしれませんが、事実として、一生の間に2〜3万人の男性と会話をする女性はほとんどいないですよね。

つまり、そもそも論として出会いの数が圧倒的に足りないんです。その出会いの数が今までの何倍に増えるのですから、理想の相手が見つかるのは必然的なことなのです。

4.成婚率24%のクラブ・マリッジが誇るサポート

コミュニケーションが苦手な人同士は案外似た者同士です。そのため、お互い理解しやすいといえます。しかし、いざ結婚を真剣に意識すると、相手の気持ちの確認や告白のタイミングなど、そこにはやはりサポートが必要でしょう。

そこでオススメなのが結婚相談所です。

東京の港区赤坂、茨城県つくば市、シンガポールと展開するクラブ・マリッジは中小型の結婚相談所ながら、プロのカウンセラーが会員さまのコミュニケーション力を抜群に高めてくれます。

4-1.カウンセラーのサポート事例1

お見合いからわずか2ヶ月で成婚退会した30代男性のサポート

大手結婚相談所からクラブ・マリッジに乗り換えたSさん(30代男性)は、数人の女性とお見合いをしましたが、一番フィーリングが合っていると思った女性と結ばれました。

でも、実をいうと、その女性は他の男性から真剣交際の申し込みを受けていて迷っていたそうです。

クラブ・マリッジのカウンセラー藤井さんは、カウンセラー視点から見てもお似合いだなと思ったカップルだったため、相手の女性が所属する結婚相談所のカウンセラーと連絡を密にしたうえで、Sさんに相手の状況を伝えました。

Sさんは日頃から藤井さんときちんと情報を共有していたので、藤井さんは「Sさんはこのチャンスを逃したら絶対後悔する」と考え、告白の決断をせまったそうです。

普通の男性なら引いてしまったかもしれない場面で、Sさんなら決断してくれると信じてサポートした結果、Sさんは2回目のデートで真剣交際を申し込み、無事に成婚まで果たすことができました。

4-2.カウンセラーのサポート事例2

IBJ(日本結婚相談所連盟)の別の結婚相談所と入会を迷っていた女性のサポート

Uさんが最初に検討していた結婚相談所は200名までお見合い可能という相談所でした。でもUさんは職業柄、仕事をしながらの婚活なので、藤井さんはスケジュールを無理に組むのも大変と察知し自社への入会を勧めました。

相談所主催のパーティーで知り合ったお相手と真剣交際に移るときも、相手のプロフィールで「タバコ 吸う」となっていたことを心配したり、告白のタイミングを相手の男性に伝えたり、細かい部分までサポートしたことで、Uさんは無事に成婚退会となりました。

このように、カウンセラーのサポートがあると、自分に不足している部分を補ってくれるため婚活をスムーズに進めることができるでしょう。

まとめ

職場や友人・知人の紹介など、出会いはたくさんあると言われますが、意外とないものですよね。でも、そんなときこそ結婚相談所での出会いに期待してみませんか?

お伝えしました通り、結婚相談所は結婚相手が見つかる場所です。年齢や独身の寂しさなど、あなたがもし、あせりを感じているなら一度無料相談をしてみてください。

そして、自分に見合う結婚相談所だと思えたなら、ぜひ婚活を始めてみましょう。未来の婚約者があなたの元に現れます。

婚活に、プロデューサーの力を。

1年以内の成婚率は78.9%!

婚活ならクラブ・マリッジで。