海外での出会いって本当にあるの?憧れの地で結婚相手と出会うポイント

大学時代の同級生たちが、学生時代から育んでいた愛を成就させ、次々とゴールインしていく。会社の同僚たちも気がつけば結婚して出産のために産休に・・・。合コンに参加するもアラサー女子への風当たりの強さを感じていたとき、ふと学生時代にホームステイした海外。

そんな海外移住や海外勤務の男性と結婚するのもアリと考える女性に、海外での出会いについてお伝えします。

▼目次

  1. 1.海外でも出会いはたくさんある
  2. 1-1.日本じゃなくても彼氏が見つかる
  3. 2.シンガポールは婚活のメッカ?
  4. 2-1.シンガポールで日本人はモテる
  5. 2-2.シンガポールで男性と出会う方法
  6. 3.国際結婚も視野に入れる
  7. 3-1.シンガポール人と結婚するときは?
  8. 4.結婚相談所の選び方
  9. 4-1.シンガポールの結婚相談所
  10. まとめ

1.海外でも出会いはたくさんある

海外で出会いを求める女性は少なくないのではないでしょうか。

日本人は内向きだとか海外旅行をあまりしないとか言われがちですが、卒業旅行やワーキングホリデーなど、たくさんの女性が海外に行っていますよね。

そして、その素敵な思い出に浸り「海外っていいな」というイメージが海外での出会いを期待させます。

1-1.日本じゃなくても彼氏が見つかる

そもそも出会いはどこにでもあるものです。

職場、取引先、友人・知人の紹介、趣味のサークル、合コン、婚活パーティー、結婚相談所・・・数え上げれば切りがありません。ただ海外経験が豊富だったり、海外に興味があったりする女性は、純日本的な考え方と合わない場合もあるんですね。

例えば、「女性は◯歳までに結婚して子どもを産んで・・・」みたいな話です。そのため、日本では海外志向のある男性が見つからないことも多いでしょう。

ですが、女性であるあなたが海外に目を向ける限り、日本でなくても彼氏を見つけることは十分に可能といえます。

そこで、今回は日本から直行便がたくさん出てているアジアでも経済が発展している国、シンガポールでの出会いについてご紹介しますね。

2.シンガポールは婚活のメッカ?

実をいうと、シンガポールは婚活のメッカといっても過言ではありません。なぜなら、ハイスペックな男性がたくさんいて、日本人というだけでモテるからです。

2-1.シンガポールで日本人はモテる

あなたがもし、日本で出会いのない日々を過ごしている女性なら、日本人というだけでモテるなんて本当?と疑いたくなるかもしれません。しかし、これは本当の話なんですね。

一度でも海外に滞在した方ならわかると思いますが、遠く離れた異国の地では、どんなにその国が好きでも母国が恋しくなるものです。そのため、シンガポールで日本人と出会う機会があれば当然、その先を期待するでしょう。

そして、シンガポールではその先の展開を期待できるだけの環境が整っているんですね。これはシンガポールという国がとても狭いからです。

シンガポールの国土は東京23区よりも小さいため、仮に知り合った男性の職場や住まいが遠くてもタクシーを飛ばせば20分ほどで会えるでしょう。恋愛は単純な接触頻度が影響しますから、この距離感はとても大切です。

一方、日本だと知り合った男性を「いいな」と思っても再会するまでのハードルが意外に高いといえます。これは日本はアメリカ・中国に次いで世界第3位の経済大国だからです。

実際、たとえば東京23区でも、端と端では距離があるので、、、ちょっと仕事が忙しいとなかなか会う時間がありません。これが東京と神奈川や埼玉となればなおさらです。

せっかく知り合っても、再会できないままいると、相手に異性として意識されるチャンスを失うのでもったいないですよね。

2-2.シンガポールで男性と出会う方法

それでは、シンガポールでは一体、どうすれば男性と出会えるのでしょうか。

これはインターネットで検索したり、現地の日本人に聞いたりすればわかるのですが、シンガポールには日本人のコミュニティがたくさん存在します。

それらは出身地や共通の趣味などの集まりなのですが、参加のハードルがとても低いのが特徴です。日本人といっても海外好きや海外経験が豊富な方の集まりですから、集まり自体がオープンな感覚なんですね。

そんな気軽に参加できる会で出会った男性とオシャレな街でデートができたら結婚への期待が高まりますよね。

日本だと人間関係など細かい部分を気にして、参加じづらい会がよくありますが、シンガポールではそれが少ないので、出会いのチャンスは十分あるといえます。

3.国際結婚も視野に入れる

シンガポールで日本人との出会いだけでなく、シンガポール人や他国の人と出会い、国際結婚となったらどんなことを考える必要があるのでしょうか。仮にシンガポール人と結婚する場合のライフスタイルについてみてみましょう。

3-1.シンガポール人と結婚するときは?

シンガポール人は男性も女性もキャリアップに必死な部分があります。結婚しても共働きが基本でメイドやベビーシッターを雇うのが基本的な生活スタイルです。そのため、日本でいう寿退社は少ないんですね。

またシンガポール人は家族をすごく大切にする傾向があるため、お出かけや食事に家族や親戚を連れていくことが多いでしょう。ですから、結婚すると二人っきりの甘い時間は逆に少ないかもしれません。

また、国際結婚となれば当然、文化の違いを受け入れなければいけません。もし、シンガポール人の相手がイスラム教だったら、あなたも改宗を求められます。

このように、シンガポール人との結婚は日本とだいぶ乖離がありますが、海外での出会いを求める方にとってはすんなり受け入れられるのかもしれませんね。

4.結婚相談所の選び方

さて、シンガポールでは男性との出会いが簡単でモテるというお話をしてまいりましたが、それでもなかなか理想の相手が見つからない方もいらっしゃるでしょう。

そんなときにおすすめなのが結婚相談所ですが、当然シンガポールにもたくさんの結婚相談所があります。では一体、どんな結婚相談所を選べば理想の出会いがあるのでしょうか?

4-1.シンガポールの結婚相談所

シンガポールで結婚相談所を探そうとGoogle検索すると、シンガポールの結婚相談所は意外に多いことがわかります。

■NEXUS
■グッドライフ
■イーマリッジ
■ウイッシュ
■クラブ・マリッジ

ここに挙げた5社だけでも比較するのは大変ですよね。ただ、結婚相談所での活動を成功させるのに大切なことは、出会いの数の多さとサポートの充実です。

会員数が1,000人しかいない結婚相談所よりも1万人の会員登録がある結婚相談所の方が出会いの確率は断然上がります。

また、ただプロフィール情報がマッチングするだけの相手とコンタクトをとって進めるデータマッチング型の結婚相談所ではひたすら孤独な婚活を続けることになります。そうすると、すぐに相手が見つかり交際が順調に進めば良いですが、そうでないときは誰も頼れない状況になってしまいがちです。

ですが、一人ひとりに専属のカウンセラーがつき、仲が良く何でも相談できるお友だちのような関係性を築ける仲人型の結婚相談所なら、たとえうまくいかない状況でもしっかりサポートしてもらえます。

そういう意味では仲人型の結婚相談所を選ぶことが大切です。日本を離れて婚活するわけですから、サポートの充実は非常に重要といえるでしょう。

シンガポールで結婚相談所を選ぶポイント
・登録している会員数が多い
・カウンセラーによる手厚いサポートが受けられる

まとめ

日本での婚活や結婚について、窮屈に感じている女性は海外に目を向けてみるのも一つの手です。

特に今回ご紹介したシンガポールは、比較的簡単に男性と出会うことができて、その男性はハイスペックである可能性も高い状況です。海外で性格や価値観の合う日本人男性と出会う可能性は十分ありますから、あこがれの海外婚活を真剣に考えるのもよい機会といえるでしょう。

もう一記事いかがですか?「シンガポールで仕事をしている人の婚活!成婚の秘訣は?」はこちら

シンガポールで仕事をしている人の婚活!成婚の秘訣は?

婚活に、プロデューサーの力を。

1年以内の成婚率は78.9%!

婚活ならクラブ・マリッジで。