婚活は本当に結婚できるの?事例からひも解く婚活疲れの解消法

「婚活で素敵な出会いをゲット」そんなキャッチコピーにあこがれて、婚活を始めたけど出会いに恵まれない。出会いはあるけどなかなか交際に発展しない。

こうした現状から、婚活に疲れてしまっている方は多いのではないでしょうか。

ただ、婚活を成功させている方がたくさんいることも事実です。

そこで今回は、婚活で結婚は本当にできるのか?を検証してみたいと思います。あなたの婚活が上手くいっていないのなら、成功事例から学べることがありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

▼目次

  1. 1.データからみる婚活で結婚相手が見つかる可能性
  2.  1-1.婚活と年齢の関係性
  3.  1-2.婚活と学歴の関係性
  4.  1-3.婚活と年収の関係性
  5. 2.婚活が成功する3つのテクニック
  6.  2-1.成婚テクニック1「第一印象を意識する」
  7.  2-2.成婚テクニック2「会話はNG話題を避ける」
  8.  2-3.成婚テクニック3「結婚観が合うか確認する」
  9.  2-4.何事も最初が肝心
  10. 3.自分に合った婚活が大事
  11.  3-1.結婚相談所を上手に活用する
  12. おわりにーー

1.データからみる婚活で結婚相手が見つかる可能性

婚活で結婚相手が見つかる可能性はどのくらいあるのでしょうか。年齢・学歴・年収を中心としたデータから検証してみましょう。

データ引用元:IBJ(日本結婚相談所連盟)

1-1.婚活と年齢の関係性

婚活で結婚相手を見つけるとき、相手の年齢は関係あるのでしょうか。

当たり前かもしれませんが、男性も女性も年齢を重ねることで成婚率は下がります。とはいえ、相対的に成婚しやすい年齢があるのも事実です。

データでは、男性が30代から40代と幅があることに対し、女性は30代中心といえます。これは出産を意識していることも影響しているかもしれません。

1-2.婚活と学歴の関係性

婚活で結婚に至る人たちは、大卒の学歴を持つ人が半数以上を占めています。

あなたは「結婚相手に学歴は関係ない」と思うかもしれません。確かに、交際を重ねて相手の人柄に惹かれれば、学歴は関係ないでしょう。

しかし、婚活のスタートラインは、相手のプロフィールを見るところから始まります。そうすると、どうしても高卒より大卒の方が目立ってしまうんですね。

そのため、学歴は高卒よりも大卒の方が成婚しやすいといえます。

1-3.婚活と年収の関係性

よく結婚相手に年収は関係ないといいますが、婚活で成婚している人(男性)は平均年収以上である場合が多いことがデータでも明らかです。30代以上の男性で大卒と仮定すると納得の数字といえますね。

2.婚活が成功する3つのテクニック

婚活を成功させるには3つのテクニックが有効です。婚活では、相性やコミュニケーション力が重要になりますから、ぜひ実践してみてくださいね。

2-1.成婚テクニック1「第一印象を意識する」

婚活を成功させるには、まずファーストステップである「お見合い」を成功させなければいけません。そこで重要なのが第一印象です。

まずお見合いを成立させるには、プロフィールに写真を載せますから、写真の印象が悪いとお見合いは成立しにくいでしょう。ですから、まずは好感度の高い写真を載せることが大切です。

また、実際にお見合いが成立したときも、見た目の良さは重要です。プロフィール写真とギャップがないように、お見合い当日の第一印象も意識しましょう。

参考までに、第一印象を良くして成婚を目指すテクニックはこちら

婚活中のかたは必読! 1年以内に結婚できる婚活写真があるってホント!?

2-2.成婚テクニック2「会話はNG話題を避ける」

婚活を成功させるテクニックとして、会話は非常に重要といえます。ただ、会話は盛り上げるだけでなくNGな話題を避けることも大切です。

例えば、お見合いや交際をはじめたばかりの段階で、プライベートな話題はNGといえます。また、会話の中で相手への気づかいが足りない発言もNGです。

婚活で結婚相手を見つには、やるべきことだけでなく避けるべきことも意識しましょう。

婚活でのNG事例をくわしく知りたい方はこちら

NG事例から学ぶ!お見合いで失敗しない3つのコツ

2-3.成婚テクニック3「結婚観が合うか確認する」

婚活で成功するテクニックとして、結婚観のリサーチも大切です。例えば、子どもが欲しいかどうかなど結婚生活のイメージが相手と合うかを確認しないと、せっかくの交際が破談になってしまうかもしれません。

もちろん、お見合いや初デートでいきなり話し合う内容ではないので、そのあたりはお見合いを申し込む前にプロフィールでの確認が必要といえるでしょう。

2-4.何事も最初が肝心

ご紹介した3つの成婚テクニックは、交際をはじめてからプロポーズまでよりも、お見合いを成立させたり交際をスタートさせたりすることにフォーカスしています。これは、何事も最初が肝心ということです。

人は見かけによらないと言いますが、それぐらい最初の印象が強いんですね。そのため、お見合いを申し込むときやお見合い当日の印象が悪いと、そもそもの交際が成立しません。

ですから、まずは相手に好感される見た目とコミュニケーション、そして結婚観を意識することが成婚の第一歩といえるでしょう。

3.自分に合った婚活が大事

これまでお伝えしましたデータやテクニックからもわかるように、婚活は自分に見合った進め方が大切です。とはいえ、自分に合った婚活がどのようなものなのかわからないという人もいらっしゃるでしょう。

そこで役に立つのが、結婚相談所の有効活用です。

3-1.結婚相談所を上手に活用する

突然ですが、あなたは「ハイブリッド型の結婚相談所」とか「ID婚活」といった言葉を聞いたことがありますか?これは「データマッチング型」と「仲人型」の両方のメリットを併せ持つ結婚相談所のことです。

自分に見合った婚活をするには、自分がどんな結婚観を持ち、結婚相手に何を求めているのかを明確にする必要があります。ですが、人は意外に本当の自分がわかっていないことも多く、人から言われて気づくこともありますよね。

だからこそ、あらゆる視点であなた自身を分析して、理想の結婚相手を見つけることが必要不可欠といえます。そのために有効なのが、ハイブリッド型の結婚相談所ということです。

おわりにーー

いかがでしたでしょうか。

婚活で結婚相手を見つけるには、自分に合った婚活をすることが大切です。せっかく婚活をはじめても、上手くいかずに婚活疲れになってしまったら、お金も時間もムダになってしまいます。

今回お伝えしたデータやテクニックを考慮しながら、また結婚相談所を上手く活用して婚活を成功させてくださいね。

婚活に、プロデューサーの力を。

1年以内の成婚率は78.9%!