誰かを好きになれないと悩んだら

「好きだと思える人に巡り合えないんです」
「嫌いじゃないけど、好きかというと迷ってしまいます」
「好きになるって感情自体、解らなくなってきました」

そんな悩みを抱える方は少なくありませんよね。

大人になるにつれ、好きなことより嫌いなことが増えていく。それは色々な経験を経て学んだ知識や体験はリスク回避の生存することに焦点を置いて嫌な事やダメな事を強く脳に刻んでいくからなのかもしれません。

恋愛も同じように何も知らない子供なら憧れや外見だけで簡単に誰かを好きになれたのにだんだんと相手に求める条件の様なものを定め始めてしまいます。

そんな“好きになれない症候群”から脱する方法について。

▼目次

  1. 一つ短所を見つけたら二つ長所を見つける
  2. 笑顔で話す
  3. 自分の好きなところを書き出してみる
  4. まずは3回会ってみる
  5. 友達として付き合ってみる
  6. 映画や本を読む
  7. 新しい事をはじめてみる

一つ短所を見つけたら二つ長所を見つける

異性に対して恋愛相手や結婚相手と考えてしまうから厳しい判断をしたくなってしまうもの。

まず異性と知り合ったら恋愛や結婚の相手としてでな単純にいいところを見つける様にして接してみましょう。
例えば“気が利かない“と感じたら2つその人の長所を探してみましょう。

”気は利かないけれど大らかで明るい“と2つ長所を見つけることでその人に対する印象がマイナスに振れにくくなります。

単純な話ですが自分に良い印象や好意を抱いていない人に対して、良い印象や好意を抱くことは難しくなります。
だから好きになれとは言いませんが、マイナスな印象を人になるべく抱かない様にすることで、好きになるかもしれない人との縁を断ち切らないようにしてください。

笑顔で話す

笑顔は一番大切なコミュニケーションツールです。
自分の笑顔を鏡で見ると脳が”幸せ“だと勘違いして幸せホルモンが出るという説があるくらいにこの笑顔という表情の力は絶大です。

まずは笑顔で話すように意識しましょう。
どんなに美人でもどんなにイケメンでも笑顔がないと魅力は半減、いやそれ以下になるかもしれません。ましてやそんな人と恋愛や結婚をしたいと望む人はちょっと変わった人ですよね(笑)。

笑顔で話すためには笑顔で話せるトピックスを選ぶことが大切。

笑顔がない人と一緒に居るのは想像以上にストレス。
反対に少しの事でも笑ってくれたり、喜んでくれるような人はいつの時代も変わらず人気です。

自分の好きなところを書き出してみる

婚活が長くなるとだんだんと自分への自信がなくなってきますよね。

縁がなかったからとは言え、相手から断られたり、自分が断ったりすることを繰り返しているうちに自信を喪失したり、罪悪感に捉われ自己嫌悪に陥ることも。
すると知らず知らずのうちにだんだんと考え方自体ネガティブで悲観的になってしまいます。

そんな時はマインドリセットをしてみましょう。

簡単なマインドリセットの方法がこの自分の好きなところを書き出してみるということです。

あなたが思うあなたの好きなところは何ですか?最低10個以上書き出して冷蔵庫など目に触れる場所に張っておきましょう!

まずは3回会ってみる

緊張したり、見栄を張ったりと”人から見られたい自分“の姿を取り繕うのが人の性。1回や2回会っただけでNGの判断は勿体なさすぎます!

もしかしたら初回は緊張していたから話せなかったのかもしれません。もしかしたら2回目のデートでは体調が悪かったり、前日緊張で余り寝られなかったのかもしれません。まずは3回会ってみましょう!

営業でも“3回の法則“は常識です!

3回会ってやっとその人との”関係“が出来るという法則で、だからこそ3回会う理由を作ってでもお客様と会いましょうということですが、人間関係全てに通じることですよね。

そして婚活で3回会うのであれば、なるべくその期間は空けないようにしてください。

1回目から1カ月以上経ってから2回目、そして3回目は更に1カ月後なんて3回は初対面×3になってしまいます。できることなら1カ月以内に3回は会ってしましょう!

友達として付き合ってみる

恋愛相手や結婚相手だと思うから評価が異常に厳しくなってしまうのではないですか?

もちろん、婚活をしているのだからなるべく早く相手を見つけたいのは重々承知の上です。でも3回会って答が出ないのなら、一旦友達と思って付き合ってみましょう。

お見合いで会ったお相手なら、期間が決まっているかもしれませんので余り長期間は引き延ばすことは失礼になるかもしれませんが、これだけ多く人がいる中で実際に”会える”人はとても少ないものです。そんな一人一人との縁を大切にしてくださいね。

映画や本を読む

私も悩んだり、壁にぶつかった時は誰かに相談したり悩みを打ち明けていました。
もちろんそれで多いに救われましたが”答え“の様なものは映画や本の中で見つけました。

誰かのコトバは慰めて力を与えてくれますが、映画や本の方が作り手や書き手の姿が見えない分、コトバがすっと体に染み込んでいきます。また同じ1時間という時間を考えると 人と会う<映画を見る<本を読む という順で取得できる情報量に差があります。

人と会うよりも1冊の本を読んだ方が多くの情報や知識に触れられます。

恋愛や婚活で何となく行き詰ってると感じたら好きな映画や好きな作家の本を読んでみましょう。恋愛や対人関係のハウツー本よりもあなたが好きだと感じる作品のほうがマインドリセットの効果が高くなります。

新しい事をはじめてみる

色々なことをやってみたけれど、それでも誰かを好きになれる気分にすらなれないのなら、環境を変えてみるのも一つの選択です。

転職を考えているのならそれを実行してもいいし、あたらしい趣味を初めてみたりなどNEWなことを生活に取り入れてみましょう。
NEWなことと言っても未知のことにチャレンジする必要はありません。

しばらく会ってなかった昔の友達と会ってみたり、以前住んでいた場所を訪れたりなど普段していないことをやってみると新しい気が呼び込まれて新しい縁に繋がることも。

婚活ではプロフィールや条件を変えてみたりなどしてみましょう!プロフィールはいつでも修正できますから、レッツ・トライ!位の気分で気軽に変えてみるのも◎です!

もう一記事いかがですか?「ドキドキ恋愛しなくても幸せだよ♡30代女性が結婚を決めた婚活体験談【入会編】」はこちら

ドキドキ恋愛しなくても幸せだよ♡30代女性が結婚を決めた婚活体験談【入会編】

婚活に、プロデューサーの力を。

1年以内の成婚率は78.9%!

婚活ならクラブ・マリッジで。