結婚の悩み相談は誰にするべき?婚活プロデューサーが一問一答!結婚できる女性になる秘訣

結婚の悩みを相談したいけど誰に言えばよいかわからない・・・。ネットで検索すると占いやヒーラーなど、スピリチュアル系の相談サイトが出てくるけど何となく不安・・・。そんな女性の悩みを東京は港区赤坂を拠点に関東圏で結婚相談所を展開するクラブ・マリッジの婚活プロデューサーが結婚の悩み相談をQ&A形式で解決します。

▼目次

  1. 1.ごあいさつ
  2. 2.婚活女子の悩みをカウンセラーが一問一答
  3. 2-1.アラサー女子の悩み「いまの彼氏と結婚したいけど・・・」
  4. 3.アラサー女子の婚活あるある
  5. 3-1.成婚退会は結婚相談所ごとに定義が違う
  6. 3-2.結婚に踏み切れない彼氏だったら・・・
  7. 3-3.簡単そうで難しいオンラインでのコミュニケーション
  8. 4.おわりに

1.ごあいさつ

婚活プロデューサー 笹岡
こんにちは。クラブ・マリッジの婚活プロデューサー 笹岡です。

クラブ・マリッジはITとおせっかいにこだわった独自サポートで、業界トップクラスの成婚率「2020年1月時点で28%(4人に1人)」を誇る結婚相談所です。

東京の港区赤坂を本社として、

・横浜 みなとみらい

・茨城 つくば

・栃木 宇都宮

など、関東圏のラウンジを中心に、幅広いエリアで皆さんの婚活をサポートさせていただきます。

また海外在住の日本人への結婚をサポートするため、アジア主要国の一つシンガポールでも婚活サービスを展開してきました。

そんな実績と「婚活中の男性が一人でも多く成婚できるように」という想いから、カウンセラーとして皆さんが抱える結婚の悩み相談を解決していきたいと思います。

2.婚活女子の悩みをカウンセラーが一問一答

ここでは、婚活中の女子(主にアラサー)の悩みに対して解決策となるキーワードをお尋ねしながら、アドバイスさせていただきます。

2-1.アラサー女子の悩み「いまの彼氏と結婚したいけど・・・」

夏希さん(仮名 28歳 会社員女性)

私は子どものころから引っ込み思案でコミュニケーションがあまり上手くありませんでした。大学時代は男性との交際歴がありましたが、その後はサッパリ。それで昨年、思い切って婚活をはじめることにしたんです。

婚活ではビックリするくらいお見合いの申し込みがあって、その中から一人の男性とお付き合いしました。そして、めでたく成婚退会したのですが、1年ほど経ったころに彼氏から「まだ結婚の意思はない」と言われてしまったんです。

当時は納得できず泣き崩れました。

それからしばらくして、インターネットで検索した結婚相談所で婚活をやり直し、いまの彼氏と知り合いました。彼はとても優しく守ってくれるので、このまま彼氏と結婚したいと思っています。

でも彼氏は家族と仲があまり良くないらしくお嫁に行くのが怖いです。私の実家はみんな仲良く、お兄ちゃんが結婚する前から彼女さんを連れてくることがしょっちゅうあって、、、それが普通なんだと思っていました。だからか家族みんなが仲良くないおうちには嫁ぎたくないんです。やっぱり結婚するにあたって両親との仲の良さは大事ですよね。

彼のことが好きなので結婚したいのですが、どうすればよいでしょうか。
婚活プロデューサー 笹岡
夏希さんのお悩みは決して珍しいことではないと思います。

結婚は両家が関わってきますから、嫁姑の問題や親同士など、本人以外の理由で残念なことに破断になってしまうカップルもいるのが現状です。

そこで、婚活女子によくある結婚の悩み相談について、くわしくお伝えいたしますね。

3.アラサー女子の婚活あるある

婚活プロデューサー 笹岡
先ほどお悩みを寄せてくださった夏希さんが、最初に付き合った男性と成婚退会したのに破断になったケースについてですが、、、

3-1.成婚退会は結婚相談所ごとに定義が違う

実を言うと、結婚相談所によって成婚退会の定義が異なります。

おそらく夏希さんが最初に入会した結婚相談所の成婚退会の定義はマッチングを持って成婚退会だったと思います。

しかし、夏希さんが彼氏の家族のことでお悩みのように、結婚は住まいや経済的なことなど、さまざまなことが関わってきます。ですから、結婚を前提としたお付き合い(真剣交際)がはじまってからがサポートする側としてもより力の入れどころでもあるんですね。

そのため、結婚相談所を選ぶときは自分の生活や行動パターンに見合った相談所はもちろんのこと、成婚退会の定義はきちんと確認することが大切です。

夏希さんのケースでは担当のカウンセラーによく相談し、しかるべくサポートを受けて、両家のトラブルがないようにコミュニケーションを図っていくことが結婚への道のりといえますね。

ちなみに、クラブ・マリッジでは正式な婚約をもちまして成婚退会としております。なので、両親への挨拶が不安なカップルには、その不安が取り除けるようにしっかりサポートさせていただきます。

3-2.結婚に踏み切れない彼氏だったら・・・

夏希さんの事例のほかにも婚活では次のような悩みがよくあります。例えば、交際期間が長くなってきて結婚を意識しているのに、彼氏が結婚を踏みらない・・・という話です。結婚を真剣に考える女性として、こうした彼氏に対してやるべきことは何でしょうか。

婚活プロデューサー 笹岡
まずはお互いの結婚生活に対するゴールを知ることが大切ですね。

これは、

・彼氏は自分との結婚を望んでいるか?

・彼氏はどんな結婚生活をしたいのか?

・・・といった彼氏の脳内をのぞくのです。

でも彼氏に直接聞きづらいという場合もありますよね。私たち婚活プロデューサーは、こうした女性の切実な悩みを真剣に受け止め、お相手の結婚相談所の担当者にヒヤリングするなど、彼氏の本音に迫ります。

そうやって、二人の仲を取り持つことで結婚にまた一歩近づけるのです。

もちろん、彼氏に結婚の意思がない場合は別れることも選択肢の一つです。婚活で何年もダラダラと交際を続けるのは、女性の場合はいろいろなリスクがどんどん増えますからね。

なので、まずはお互いのゴールが一致しているかを確認し合うことをおすすめします。その上で、お互いがどこまで歩み寄れるのか、コミュニケーションを深めていきましょう。

3-3.簡単そうで難しいオンラインでのコミュニケーション

コロナショックにより急激に増えたオンラインでのやりとりですが、最近よくあるのが、オンラインでのコミュニケーションです。外出自粛でなかなか会えない相手とオンラインでコミュニケーションを続けるにはどうすればよいのでしょうか。

婚活プロデューサー 笹岡
オンラインコミュニケーションとはインターネットを使ったやりとりで、SNSの投稿にコメントしあったり、Zoomやスカイプといったツールでお話ししたりすることです。

ですが、実際に会って話すよりも臨場感が弱いため、きちんと自己開示をしないと相手に伝わりにくいことも事実です。

婚活はお互いが深い仲になることを目的にしていますから、よりコミュニケーション力が求められます。そのため、まずは挨拶やていねいな言葉遣いなど、言葉足らずによる勘違いで仲たがいするようなことを避けましょう。交際相手と良好な関係を続けるには、自分からきちんとした自己開示をすることが大切です。

おわりにーー

婚活プロデューサー 笹岡
いかがでしたか。

婚活をしていると、結婚の悩み相談は尽きないですよね。

今回いくつかの事例をご紹介したように、

・彼氏が親と仲良くない

・彼氏が結婚に踏み切れない

・会えないときのオンラインコミュニケーションが不安

・・・など、一人で解決することが簡単ではないケースも少なくありません。

でも、だからこそ信頼できるカウンセラーに相談して二人三脚で進めることで、結婚というゴールに近づくのです。

クラブ・マリッジなら希望する相手を見つけることができて、1年以内の成婚が十分に可能です。頼れるカウンセラーのマンツーマンによるサポートによってモチベーションも維持できます。

できるだけ希望通りの相手と着実に結婚したい、婚活を思い通りに進めたい・・・という方は、ぜひ一度クラブ・マリッジに相談してみてはいかがでしょうか。

クラブ・マリッジでは火曜日と年末年始を除くほぼ毎日、マンツーマンでの無料相談を実施中です。

新型コロナウイルス感染予防に関するクラブ・マリッジの対策について

クラブ・マリッジでは、新型コロナウイルスの感染予防のため、各店舗までご来店が必要だった会員さまや入会にあたっての説明会など、対面での面談をオンラインツール(Zoomなど)や電話に切り替えて実施しております。

詳細はこちら

※対面での面談が禁止となるわけではございませんので、ご希望の方は安全面を考慮した上で、ご判断いただけると幸いです。

お客様の健康と安全を最優先に万全のサポートをしてまいりますので、どうぞご安心くださいませ。

プロデューサーがトータル支援

お見合いを経て、交際が始まります。

そのすべての過程に、プロデューサーが寄り添い、

あなたの婚活をサポートします。

婚活に、プロデューサーの力を。

1年以内の成婚率は78.9%!

婚活ならクラブ・マリッジで。