婚活をはじめる人は必読!結婚相談所でお見合いが成立しない理由

これから婚活をはじめようという30代・40代の男女なら誰でも気になるのが「本当に理想の異性と出会えるのか?」ということ。ネットの情報には「申し受けがほとんどない」「プロフィールと全然違う」といったものもあり、結婚相談所への入会を躊躇する方もいらっしゃるでしょう。

そこで、結婚相談所でお見合いが成立しない理由を探り、どうすればお見合いがうまくいくかを具体的にお伝えしていきたいと思います。

▼目次

  1. 1.イマドキのお見合いとは?
  2. 1-1.お見合いは就活をイメージすれば成立する
  3. 1-2.お見合い場所や当日の流れ
  4. 2.データで見るお見合いの成立率
  5. 3.お見合いが成立しない原因と対策5選
  6. 3-1.写真が映えない
  7. 3-2.プロフィールがそそらない
  8. 3-3.理想が高すぎる
  9. 3-4.条件がマッチしない
  10. 3-5.モチベーションが低い
  11. 4.お見合いが成立しやすい5つのテクニック
  12. 4-1.申し込み数を増やす
  13. 4-2.共通点がある相手に申し込む
  14. 4-3.とりあえず会ってみる
  15. 4-4.裏ワザを使う
  16. 4-5.IBJシステムを使いこなす
  17. 5.おわりに

1.イマドキのお見合いとは?

30代・40代の方がお見合いと聞くと、親同士が身上書を交換して行うお見合いをイメージするかもしれません。しかし、それは昭和時代の話であって、令和時代のお見合いはお見合い相手を自分で選びます。

1-1.お見合いは就活をイメージすれば成立する

お見合いは就活をイメージするとわかりやすいでしょう。就活では働きたい会社をリサーチして履歴書を送り、書類選考が通ったら面接に進みます。面接は企業規模によって一次面接、二次面接、役員面接・・・など複数あり、それに合格すると晴れて入社という運びですよね。

お見合いも同じで自分をアピールするためのプロフィールを作り込み、希望の条件に当てはまる異性にお見合いを申し込みます。相手があなたの申し込みを受ければお見合い成立。

逆も然りで、お見合いの申し込みを受けたら、あなたは相手のプロフィールを確認して回答するはず。そして、お見合いでお互いの気持ちが一致すれば交際に発展するのが婚活の流れです。

つまり、お見合いが成立しないというのは、就活でいうと書類選考で落とされている状態です。なので、まずは書類選考に合格するための心構えや行動が大切といえます。

1-2.お見合い場所や当日の流れ

イマドキのお見合いは、どんな場所で行われ、どのような流れで進めれば良いのでしょうか。

お見合いが成立したら、まずはいつ会うのか日程を調整します。日程が決まったら、担当カウンセラーと相談の上、お見合い場所を決めます。お見合い場所はシティホテルのラウンジで行うのが基本です。

お見合い当日は指定の場所に10分前には到着して準備をします。

お相手と会えたら会話がはじまるわけですが、天気や会場のことなど当たり障りのない話題やプロフィールから連想できる共通の話題でアイスブレイクを心がけ、プライバシーに踏み込み過ぎたりやる気のない発言をしたりするのはやめましょう。

だいたい1時間くらい会話を楽しんでいただいたところでお見合いは終了です。お帰りのときはお互いにきちんと挨拶を交わします。お見合いが終わったら、結婚相談所に連絡して、交際希望の有無を確認するのが一連の流れになります。

2.データで見るお見合いの成立率

お見合いはどのくらいの確率で成立するのでしょうか。結婚相談所の広告にはよく「入会○ヶ月でスピード婚!」とか「1年半の努力が実って成婚!」みたいな情報が載っていますが、実際のところ、何人くらい申し込みをすれば、また何人くらい申し受けがあれば、お見合いは成立するのでしょうか。

引用:IBJ(日本結婚相談所連盟)2019年成婚白書・典型的な成婚者像より

こちらはIBJ(日本結婚相談所連盟)のお見合いに関するデータです。ご覧のように平均年齢と活動期間内のお見合いの申し込み数・申し受け数がわかります。これから婚活をはじめる方は、こうしたデータがあれば、活動の目安になると思いますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

3.お見合いが成立しない原因と対策5選

お見合いを申し込んだのにお見合いが成立しないのはどんなケースが考えられるのでしょうか。ここでは5つの原因とその対策について解説します。

3-1.写真が映えない

まだ会って話したこともない人と会うにあたって、写真はその人がどんな人か見た目を表すものです。なので、見た目が悪いと当然、お見合いは成立しにくくなります。

では具体的に、お見合いが成立しにくい写真とはどのような写真でしょうか。

・太っている

人の体系をあれこれ言うのは良くないかもしれませんが、太っているのは健康管理ができていないと見られがちです。結婚するかもしれない相手が不摂生をしているとしたら、やはり引いてしまいますよね。

たとえお腹が出ている人でもタイトなファッションで太って見えない写真を撮ることは可能ですから、見た目には十分気を遣いましょう。ただお見合いの時にバレてしまうので今からでも少しづつダイエットするのもいいかもしれませんね。

・自撮り

先ほど「1-1.お見合いは就活をイメージすれば成立する」でお見合いは就活に似ていると申し上げましたが、お見合い写真を自撮りでSNSに投稿するような感覚な人に真剣さが伝わるでしょうか。

婚活は遊びの出会いではありません。自撮りではなくプロのカメラマンにしっかり撮ってもらいましょう。

・個性が強すぎる

これはお見合い当日の服装にも言えることですが、ラフすぎたり派手すぎたりと、個性の強い服装は「怖そうな人」とか「ヲタク気質では?」といった印象を与えてしまいます。

男性はスーツかジャケット、女性はTPOに合わせた服装が理想です。

・表情やアングルが悪い意味で目立つ

どアップで撮られた写真や硬すぎたり強張ったりする表情の写真も敬遠されがちです。

写真は笑顔でまたアングルもプロフィール写真として常識の範囲に収めましょう。

・画像が粗い

せっかく見た目を良くしたのに撮った写真の画像が粗かったり、ピンぼけしていたりしたら、台無しです。

やはりプロのカメラマンに撮ってもらって、きちんとした画像データを受け取りましょう。

このように、写真ひとつでお見合いがパーになる恐れがあるのです。とりわけ男性の皆さんは、ブランドやポーズをわかっていない場合が多く、せっかく服装が良くても印象が悪くなる場合があります。また、女性の皆さんも露出しすぎて男性から性的な想像をされ、敬遠されることがありますから気をつけましょう。

理想の婚活写真(男性)
理想の婚活写真(女性)

婚活写真についてこちらの記事で詳しく解説しておりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。「婚活中のかたは必読! 1年以内に結婚できる婚活写真があるってホント!?」

3-2.プロフィールがそそらない

写真に続いて大切なのがプロフィールです。

これは男性によくあるのですが、とにかくPR文章が短い人です。本当5行くらいしか書いてなくて、女性から人柄を想像しにくいと言えます。また自慢話を書いたり、デメリットとなること(転職を繰り返しているなど)を書いたりする方がいらっしゃいます。

また女性もバリキャリをアピールして家庭的でない印象を与えたり、海外旅行が好き!みたくお金のかかるイメージを連想させたりする方がいらっしゃいます。

先ほどの就活の例で言えば、わざわざ入社したくない理由を書いているようなものです。もちろん、嘘を書くことはNGですが、文章はちょっとしたテクニックで読み手に魅力を与えることができます。

たとえば、

・仕事が忙しい→仕事が充実している

・引っ込み思案→落ち着きがある

のように書けば見た目が変わりますよね。

プロフィールに関してもこちらの記事で詳しく解説しておりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。「婚活中の男女は必読|1年以内に結婚できるプロフィールは本当に存在した!」

3-3.理想が高すぎる

理想が高すぎることもお見合いが成立しない理由の一つです。理想が高いこと自体は悪いことではありません。ただ、お見合いの段階で条件を固定してしまうと、本当は相性の良い人かもしれないのに、そのチャンスを逃してしまう可能性があります。

なので、たとえば相手に希望する年収が800万円以上なら700万円まで譲歩するなど、ほんの少しだけ理想を下げてみることで出会いの確率が高まります。

3-4.条件がマッチしない

これは前項と似たようなことですが、相手に希望する条件を決めつけすぎて、マッチングする人がいないケースがあります。

お見合いを成立させる意味では、どうしても譲れない条件以外はストライクゾーンを広げるほうが良いでしょう。

3-5.モチベーションが低い

結婚したいと口では言いながら、ネガティブな発言を繰り返したり行動が伴わなずやる気が感じられなかったりする方は当然、お見合いは成立しにくいです。

本当に結婚したいなら、担当カウンセラーの意見に耳を傾け、婚活を真剣に取り組みましょう。

4.お見合いが成立しやすい5つのテクニック

お見合いが成立しない方は、どうすればお見合いを成立させることができるのでしょうか。ここでは、うまくいかない現状を改善するためのテクニックを5つご紹介します。

4-1.申し込み数を増やす

1人でも多くの方とお見合いしたいと思ったら、お見合いの申し込み数を増やすことも一つの手段です。先ほど「2.データで見るお見合いの成立率」でデータをご紹介しましたが、平均値に近い数までお見合いの申し込みを増やすことで、お見合いが成立しやすくなります。

4-2.共通点がある相手に申し込む

お見合いを申し込む相手を選ぶとき、その判断基準として自分との共通点が3つ以上ある相手を選んでみてはいかがでしょうか。たとえば、1.出身地が同じで、2.旅行が好き、3.休日は健康のためにジムに通っていることが、自分と同じなら会話が盛り上がりそうだと思えますよね。

人は心理的に自分と共通項目を持つ人に興味を持ちやすいので、ぜひ試してみましょう。

4-3.とりあえず会ってみる

お見合いの申し受けがあったとき、あれこれ考えすぎて結局断ってしまう方がいらっしゃいます。しかし、現実的には会ってみないとわからないものです。一見ギャップのあり過ぎる二人が結婚することも珍しくはありません。なので、まずは一度会ってから判断することも大切です。

4-4.裏ワザを使う

何をやってもうまくいかない。そんなときに、写真の撮り方だったり、プロフィール写真の見た目を120%くらい良くする方法があります。正直リスキーなのであまりオススメできませんが、まれに写真と違ったけど話してみたらすごくイイ人で交際することになったという話もあります。ただし、これはあくまで最終手段です。お見合い時に会話やコミュニケーションに自信がある方は実践してみてください。

4-5.IBJシステムを使いこなす

IBJのシステムには、みんなのフォトと呼ばれるInstagram(インスタ)のような機能やお気に入り登録する機能があります。システムを使いこなすことで、「いいな」と思った人とタイミングよくお見合いできたり、偶然の出会いをゲットできたりします。

事実、クラブ・マリッジ ではみんなのフォトで、同じ場所の全く同じアングルの写真をアップしていた男女が出会い成婚しました。IBJのシステムを使いこなすこともお見合い成立への近道です。

IBJのシステムを詳しく知りたい方はこちら

5.おわりにーー

いかがでしたか。今回は結婚相談所でお見合いが成立しない理由を解明して、その改善策をお伝えしました。

これから婚活をはじめる方やすでに婚活中の方で

・お見合いを受けてもらえるか不安だから申込みができない

・お見合いの申し受けがほとんどない

・写真やプロフィールが今のままで良いのかわからない

・どんな人にお見合いを申し込んで良いのかわからない

といった状況なら、ぜひこの記事でお伝えした対策やテクニックを実践してみてくださいね。

クラブ・マリッジでは火曜日と年末年始を除くほぼ毎日、マンツーマンでの無料相談を実施中で、サポートはオンライン、オフラインどちらでも対応可能です。

できるだけ希望通りの相手と着実に結婚したい方は、一人で抱え込まずぜひ一度クラブ・マリッジに相談してみてはいかがでしょうか。

また、新型コロナウイルスに関しても、感染防止のためお客様の健康と安全を最優先に万全のサポートをしてまいりますので、どうぞご安心くださいませ。

プロデューサーがトータル支援

お見合いを経て、交際が始まります。

そのすべての過程に、プロデューサーが寄り添い、

あなたの婚活をサポートします。

婚活に、プロデューサーの力を。

1年以内の成婚率は78.9%!

婚活ならクラブ・マリッジで。