男性も”家事力”が大事!!その理由とは? 【漫画コラム#17】

朝倉

こんにちは。
クラブ・マリッジのカウンセラー、朝倉です。

結婚相手に家事力があるかどうか、気になりますか?

一緒に生きる以上は最低限、健康・清潔を保ちたい気持ちは持っていてほしいですよね。
共働きなのに家事全振りされたら、離婚案件です。協力して家事をこなす気持ちと、ある程度の能力があるかどうかは、確かに気になるでしょう。


ま…まさか、自分が家事できないからお相手が全部してくれると嬉しいなとか…さらに共働き希望とか……思ってませんよね…?
今の時代は令和です…


お相手に家事をお任せできるかどうかをチェックしているようだったらなかなか苦戦するでしょう。
だって、結婚相手探しはハウスキーパー探しではありません。
結婚しようがしまいが、

自分だって家事はしないといけません。

なぜなら、

家事は生活力、生きるために必要なことだからです。

もちろん石油王ならしなくてもいいと思います。お金で解決!素晴らしい!
でも石油王はこんな記事を見ていないでしょう。
家事は、できるかできないかではない。するかしないか、です。


さあ、

今日から、家事、やろう!

そもそも、家事ってなんだろう?

「めんどくさ!」と思われるかもしれません。
毎日家事してる私も「めんどくさ!」と思ってやってます、大丈夫です。(?)

一言で家事と言っても、その中身は色々です。
全部今日やらなくてもいいんです。
家事は一生、毎日続くことです。完璧にせず、ひとつずつ無理せず片づける事が大事です。

・トイレットペーパーを入れ替えて、芯を捨てる。
・ペットボトルの包装を外してから洗って乾かす。
・シャンプーの残りが少なくなったら、容器を洗って詰め替える。

家事とは、こういう「小さい事の積み重ね」です。
炊事洗濯も、まあ面倒ですが、その合間にこういう「小さい家事」が積み重なると、本当に大変。そういう事を「普通にこなしてくれるパートナー」だとグンと楽になります。


まさか、「共働き」の上に「結婚相手が全ての家事をやってくれる」と思っている人はいないと思う…思いますけども、少数ながらいらっしゃるでしょう。

全ての家事を担ってくれるのは、ハウスキーパーと世話好きのお母さんだけです。
離婚のきっかけになる言葉のひとつに「私はあなたのお母さんじゃない!」があります。生きている以上、自分のお世話は自分でしましょう!

価値観を現代にアップデートしよう

ありがちな【悪い思い込み】に、「女性は家事ができる(頑張れる)」という価値観があります。30半ば以下の方からは、だいぶ減った印象ですが。

家事も出産も育児も、「最初から知っている」「笑顔で進んで頑張れる」なんてことは、

ありません。

女だって仕事から帰ってきたらビール開けて大の字で寝たい!

女性の方は、自分がうまくできなくても落ち込まないでください。
男性の方は、女性だって正直家事はめんどくさいと知ってください。


家事と一言で言っても、いろいろあります。
「掃除好き・片づけ苦手」な人もいるでしょう。
「料理好き・在庫管理苦手」な人もいるでしょう。

夫婦が一緒に支える家庭には、「家計」だけでなく「家のこと」があります。
得意なことは得意な人がやる。2人とも苦手なことは2人で協力する。
それが夫婦になっていくという事です。

※収入の大小で家事の比率を考えるのはモラハラの始まりなので気を付けてください。どうしても2人で回せない場合は、便利道具(ルンバや食洗器)の購入やハウスキーパーの依頼を検討しましょう。

結婚って、実はめんどくさいことなのです。
相談が大事だし、気持ちは話さないといけないし、居心地よい空間を協力して作っていかなくてはいけない。

そういうことを一緒にやっていきたいと思ってもらえる自分になり、一緒にやっていきたいと思える相手を選び、めんどくさいけど一緒に頑張っていけたら、10年後はとっても幸せない場所になれるでしょう。

最後に。

私は、せめて自分が関われる活動者様には、「風通しの良い家庭」を作ってもらいたいと思っています。
夫婦はある程度の「見て見ぬふり」は大事なんですが、「見て見ぬふりをされていると思っていない(相手の努力に気付かない)」ということが蓄積されると「居心地の悪い家」が出来上がってしまいます。

自分や相手ができること。苦手なこと。家事や家計の協力。
ちゃんと話し合って、相手の特性を知ること。自分を知ってもらうこと。お互いの行動に感謝することがなにより大事です。

相手の頑張りを「見て見ぬふり」してはいけません。

大事にしたいと思ったお相手様を、ハウスキーパーやお母さん代わりにしないように。
「この人となら、一緒にがんばれそう」と思ってもらえるように。
万が一自分が倒れても、慌てず家を回してもらえると安心してもらえるように。

朝倉

まず、今晩のお味噌汁から作ってみてくださいね\(^o^)/
(和風の顆粒万能出汁が大体何とかなります!(笑))

コラムを書いた人【カウンセラー朝倉】

 
<<プロフィール>>
34歳の時に結婚相談所(クラブ・マリッジ)の活動で成婚退会、現在1児の母。その後、相談所カウンセラーに。元漫画アシスタントの経験を活かして婚活イラストコラム連載中。
 
おとなしそうにみられるが聞き上手+喋り出すと止まらないちょいオタク女子。自分の経験をもとに成婚から結婚生活に至るまでおせっかいアドバイスが得意。

 

婚活に関する質問やご相談はLINEからお気軽にお問い合わせください

こんなイラストコラム書いてほしい!とか大歓迎です♪

下のボタンをクリックして、クラブ・マリッジのLINEアカウントを友だち追加するとメッセージが送れるようになります。

友だち追加

カウンセラー朝倉のtwitterはこちら

婚活に、プロデューサーの力を。

1年以内の成婚率は78.9%!