冬のお見合いで差をつける女性の見た目

第一印象が大切なお見合い。30分~1時間の短い時間で相手に好印象を抱いてもらうには見た目は重要な要素です。

人は見た目じゃなくて中身が大切と言っても、中身を判断するには30分~1時間は短すぎます。だからあなたの魅力を見た目で伝えることが大切。

今回は冬という季節を踏まえたお見合いで魅力を伝える女性の見た目のポイントについて。

▼目次

  1. ファッション
  2. ヘアスタイル
  3. メイク

ファッション

モノトーンが増える冬だからこそ、取り入れたいのは綺麗な色。くすんだ街並みにぱっと咲く花の様に映える色を取り入れてみましょう。

夏はビビッドな色が派手に映る季節ですが、冬は柔らかな日差しに中和されてビビッドな色も派手に映らず、むしろ上品な華やかさになります。

お勧めのアイテムは綺麗な色のニット。王道のお見合いカラーの白、サーモン&ベビーピンク、アイスブルーは意外と被りがち。敢えてこの3色は外してローズ、グリーン、オレンジという華やかな色のニットを取り入れてみると肌映りもよく上品で華やかな印象になります。

タートルやハイネックではなく丸首やVネックのデコルテや鎖骨が見えるデザインがそこはかとない大人の色気を醸し出すのでお勧めです。

華奢なネックレスを合わせるコーディネートは定番ですが、お見合いで差を付けたいなら更に綺麗な柄のスカーフ等を使って顔周りに華やかさをプラスしてみましょう。目指すイメージは”冬に咲く花“です。

また、寒い季節なので黒いタイツやロングスカート、パンツを履きたくなりますがじっと我慢。特に黒はお見合いではなるべく使わずにコーディネートをしましょう。

黒の代わりに白に近い明るいグレーを取り入れてみると可愛らしさと上品さが感じられてGOOD。綺麗な色のニットとも相性が良いのでコートやジャケットに取り入れてみましょう。もちろんボトムスにもおすすめです。また、ベージュやブラウンのボトムスもあると綺麗なトップスと合わせやすいでしょう。

ストッキングはなるべくナチュラルに。どうしても寒い場合は黒いタイツを履いて来てお見合い前にこっそりホテルや会場のトイレで履き替えましょう。足元はブーツではなく足首が見えるパンプスで。アニマルやパイソン柄などはお見合いではNGですが、つま先やヒール部分に使われているコンビタイプならセーフ。コンビタイプのパンプスはお洒落な印象がアップするので冬のお見合い用に1足持っておくといいですよ。

冬の小物アイテムといえばマフラーまたはストール。ここでも黒は避けて。
コートの色にもよりますがラベンダー、白のマフラーとストールは柔らで優しい印象になります。コートとマフラーやストールを脱いだら花が咲くように綺麗な色のニットが現れる、お見合いでのそんな演出効果を狙いマフラーやストールはナチュラルな色にしてみましょう。

同じような白、ピンク、アイスブルーなどのワンピースでお見合いに臨む女性が多い中、敢えて王道を外して印象に残る綺麗な色を取り入れたお見合いファッションで他と差を付けてみましょう!

ヘアスタイル

冬は静電気に悩まされる季節。とくにロングヘアは静電気で髪の毛が扇のように広がってしまい、痛んだ印象になりがちです。ロングヘアは緩くアップにしたまとめ髪にして耳元に下がるタイプのピアスやイヤリングを合わせてみましょう。

お見合いで顔の動きに合わせて耳元で揺れるアクセサリーは男性から見て可愛らしい色っぽさに映ります。

天使の輪が現れた艶感溢れるセミロングスタイルは冬のお見合いにはおすすめです。毛先は重めに。夏は暑苦しく感じる重めのセミロングが冬には艶感が感じられ女性らしく冬におすすめのヘアスタイルです。

ショートスタイルも髪色を少し明るくしたり、ふわっとさせるなど明るさと柔らかさが感じるアレンジで、ほっこり暖かそうな印象を与えるスタイルにしてみましょう。

メイク

冬のお見合いメイクは艶感のある肌とほんのり赤らんだ頬、色味のある唇がポイントです。

ファンデーションを厚く塗り過ぎたり、お粉をはたきすぎると粉が吹いた様な乾燥肌に映ります。ただ、残念ながらメイクの前のスキンケアと下地でしっかり保湿してもお見合い会場に着くまで冬のからっ風で肌は乾燥してパリパリになってしまう可能性が高い季節です。

保湿ミストと乳液を必ず持っていきお見合い前に化粧室で肌に潤いを与えましょう。保湿ミストはその瞬間は潤いますが、すぐに蒸発して更に肌を乾燥させてしまうので保湿ミストをメイクの上からシュッとさせたら、乳液を少し手に取り、手に広げて顔を両手で包みハンドプレスするとしっかり潤いが残ります。

ほんのり赤らんだ頬は寒い冬だからこそ暖かさと幸せ感が感じられる魅力があるパーツです。バラ色やピンクのパウダータイプではなくクリームタイプのチークが濡れた艶っぽさを肌に与えるのでお勧めです。

お見合いでは口元の印象はとても大切。お茶を飲みながらのお見合いでは第一条件として飲んだり、食べたりしても色が剥がれない、カップに色がべったりと付かない口紅を選びましょう。真っ赤な色のリップを選ぶ人は居ないと思いますが赤ではなくとも濃いピンクやブラウン色のリップはNGです。

”色付きリップクリーム“の様な透明感のあるナチュラルなピンクおすすめ。色味があるけれど艶もあり、色味が濃すぎないピンク、ローズカラーのリップが冬のお見合いではお勧めです。オレンジやベージュピングは夏には元気でナチュラルな印象を与えますが冬はピンクやローズなどピンク系が似合う季節です。

他の女性と差を付けるメイクのポイントはアイメイクをナチュラルに仕上げることです。エクステやゴテゴテとしたマスカラで目力を強くしたメイクは男性受けが良くありません。

特に、男性の年齢が30代後半以降の場合、目力メイクは派手で気が強い印象を強める為にお見合いではマイナス評価です。アイライナーをしっかり入れてビューラーでまつ毛を自然にカールする位で十分。

それにピンクとブラウン、カーキ色のアイシャドーを少しだけ加えてぼやけないけれど、優しい印象のアイメイクが冬のお見合いではお勧めです。

もう一記事いかがですか?「婚活サービス別人気のファッション」はこちら

婚活サービス別人気のファッション

婚活に、プロデューサーの力を。

1年以内の成婚率は78.9%!

婚活ならクラブ・マリッジで。