【男性向け】プロポーズの心得

真剣交際となれば、次に考えなければいけないのはプロポーズのタイミング。

担当カウンセラーさんからも「いつにしますか?」なんてプレッシャーをかけられて、どうしたらいいものかと悩むのがプロポーズです。成功したならば一生の思い出になるシーンだからこそ、プロポーズは記憶に残るシーンを準備しましょう。

最近はプロポーズをしなかったり、女性からのプロポーズも増えつつありますが、まだまだ男性からのプロポーズが受け容れやすくナチュラルですし素敵な二人の思い出になりますのでしっかり決めましょう!

▼目次

  1. プロポーズのタイミング
  2. プロポーズの場所
  3. プロポーズの服装
  4. プロポーズの言葉

プロポーズのタイミング

プロポーズにおすすめのタイミングは二人の記念日かイベントです。

彼女の誕生日や二人が付き合い始めた日、クリスマスなどのカップル記念日は王道ですが2月のバレンタイン、3月のホワイトデーなど冬のカップルイベントを活用しない手はありません。

真剣交際でお互いの気持ちが確認できているのであればプロポーズは余り時間を空けずに近いタイミングのイベントをしっかり利用しましょう!

イベントプロポーズが成功して結婚したら、毎年そのバレンタインやホワイトデーが来る度に「プロポーズした日だね」と二人で思い出に浸ることもできますよ。

プロポーズの場所

二人の思い出に残るシーンだからこそ、奇をてらったりサプライズな仕掛けをするよりも、思い返したときに絵になる場所を選びましょう。

・夜景の綺麗なスポット
やはりプロポーズといえば「夜景」のある場所です。

夜景の効果は絶大で、綺麗な夜景が嫌いな女性はほとんどいません。ホテルやレストランは最上階や高層階のレストランでのディナーが王道スタイル。あらかじめ花束と指輪を準備しておき、直前までお店の人にプロポーズをすることを伝えて協力を仰ぎましょう!

ホテルではレストランの食事の後に、夜景の綺麗なバーに席を移動してプロポーズするのもおすすめです。レストランよりも夜景の綺麗なバーはよりロマンチックな雰囲気のプロポーズになります。

ホテルやレストラン、バーにプロポーズという事は必ず伝えておきましょう。

それにふさわしい席を準備してくれるなどの配慮をしてくれます。但し、カップルに人気の席はバレンタインやホワイトデーは直ぐに埋まってしまう為、1カ月前には席をおさえるなどの早め準備は忘れずに!

・景色が綺麗な場所
ナチュラルで健康的な二人なら、景色が綺麗な海や公園でのプロポーズもおすすめです。

景色が綺麗で開放感がある画になるような場所はプロポーズに似合います。
但し、事前に混み具合や営業時間を確認することを忘れずに。行ったはいいが、工事中でまさかの閉園でプロポーズを断念したという報告を聞いたことがあります。

あと、外でプロポーズする場合は天気と気温のチェックはマスト。寒い中ぶるぶると震えながらプロポーズというのでは、相手の気持ちも冷えてしまいます。

プロポーズの服装

プロポーズの服装はスーツまたはジャケパンスタイルがおすすめです。

真剣な気持ちを伝えるにふさわしい服装を選びましょう。いつものデートの服装よりもフォーマル感が少し感じられる位がベストです。プロポーズの為に上から下まで新しくすることはありませんが、せめてジャケットとインナーとパンツはそれまで彼女に見せていない新しい服装でプロポーズに臨むことをお勧めします。

何回もデートに着ている何時もの服装でプロポーズはおすすめしません。

一生共に歩んで欲しいという気持ちを伝えるにふさわしいのは、そんな気持ちが現れた服装。わざわざ自分の為に洋服を新調してくれてプロポーズに臨んでくれた気持ちはきっと相手の女性に伝わりますよ。

プロポーズの言葉

プロポーズの言葉のポイントです。

・短くシンプルに
・結婚という言葉を入れる
・前置きは短く
・照れずに真剣モードで
・感謝と愛情の言葉を添えて

プロポーズにはその人の男らしさが現れます。強くかっこいいあなたを見せて下さい。

言葉をだらだらと重ねると説明や言い訳の様に聞こえてしまうだけでなく勇気がない男らしくない人に映ってしまいます。短くシンプルに伝えましょう。

そして、どんな言い方でもいいのですが「結婚」という2文字をいれましょう。

「ずっと一緒に居てくれますか?」や「一緒になってください」だけより「ずっと一緒に居てくれますか?僕と結婚してください。」や「一緒になってください。結婚しましょう。」の方が断然男らしさを感じます。

また、プロポーズまでの前置きは短めに。何となく女性もプロポーズかな?と雰囲気的に察したなら緊張感は同じ。前置きは無くてもいいくらいです。

プロポーズは照れたり笑ったりせずに真剣に伝えましょう。万が一女性が照れて笑ってしまったら、あなたが「ちょっと真剣に伝えたいから笑わずに聞いてくれる?」とたしなめて。その時にあなたがへらへらしてしまったら台無しですから気を付けて。

そしてプロポーズの言葉には”ありがとう“と”愛してる“の2つを添えましょう。

出会ってくれてありがとう
一緒にいてくれてありがとう
いつも笑顔でいてくれてありがとう

これからもずっと愛してる
一生変わらずに愛してる
今までもこれからも愛してる

あなたの感謝と愛情の言葉を添えればプロポーズの成功率はぐんと上がりますよ。
頑張ってくださいね!

もう一記事いかがですか?「真剣交際と仮交際の違いとは?相談所で1年以内に結婚を目指す人が知っておくべきルール」はこちら

真剣交際と仮交際の違いとは?相談所で1年以内に結婚を目指す人が知っておくべきルール

婚活に、プロデューサーの力を。

1年以内の成婚率は78.9%!

婚活ならクラブ・マリッジで。