婚活パーティでカップルになるコツ その③

婚活パーティも中盤を迎えました。中盤の重要なポイントは印象確認カードとアプローチカードです。

印象確認はなるべく多く記入するべし!

印象確認はインプレッションカードや中間投票等と言われることもありますが、カップルになりたい人に限定せずなるべく多く記入してください。ここで真剣に振り分けしてしまうと後半のフリータイムにオンリー&ロンリーという結果になる可能性を高めます。まずは友達から、もうちょっと話してみたい、お話しが楽しかった、そんな程度でも印象確認カードにはチェックすることをお勧めします。特に女性に憶えていて欲しいのは、最近の男性はとても消極的で傷つきやすいということです。なので、自分への好意を示さない相手は狙わないという男性が増えていますので、婚活パーティでは、可能性がある人だけでなく「友達になってもいいかな?」位の人には印象確認カードで好意を伝えて可能性を潰さない様にしましょう。

アプローチカードは一枚は本命、もう一枚は自分へ好意を示してくれる人から選ぶべし!

アプローチカードは大抵2枚~3枚程度利用することができます。その名前の通り、アプローチしたい人へ直接渡せる積極的なアプローチを伝えるツールです。 婚活パーティでは人気が高い女性も男性は倍率が高いです。 けれど、せっかく参加した婚活パーティでやはり好みの異性をGETしたいところ。 なので、このアプローチカードを賢く使ってカップルになりましょう。 お勧めは一枚を本命に渡し、もう一枚は印象確認で自分に対し好意を示してくれる人や前半の自己紹介タイムの際に、自分へぐいぐい来ていた人から選ぶようにしてみて下さい。 そして、メッセージカードにはアプローチメッセージを記入する欄があります。 ここは必ず記入しましょう。白紙で出すと、いい加減なアプローチ、気持ちのこもっていないアプローチに感じられてしまい、せっかくのカードの効力が減少します。

フリータイムはポジショニングが肝心

婚活パーティも後半です!フリータイムではこの後に控える最終投票カード、カップリングカードに書いてもらえる様に好意を伝えるとともに相手から「カップルになってもいいかな?」と思ってもらえるコミュニケーションを心がけて下さい。 ここで大切なことはポジション。会場内での位置です。 通常フリータイムは3回から5回程度です。 そして基本は男性が動き、人気の女性は捕まってしまいます。 つまり人気の女性をつかまえたい場合は近くにいる男性が有利であるということ。 フリータイムの前に男性は狙っている女性と自分との距離で初回で行けるか無理かを判断しましょう。ただし、目的の女性と話したいからと言って、他の人と話さずずっとその女性のそばにポジションを取ったり、後ろで並んで待つのはおすすめしません。 ストーカーが増えている今、「もしかして?」と恐怖をあたえてしまうでしょう。 モテる女性程、フリータイムで目的の男性と話せないのが婚活パーティです。なので、敢えてフリータイムになったら自分から動いたり、前述のアプローチカードに「是非フリータイムに話したいので来て下さいね♪」とメッセージを書いておくのも○です。たとえフリータイムで話せなくても、このメッセージが聞いてカップルになる方も少なくありません。

次回は最終投票カード、つまりカップリングタイムについてです!

※この記事は2015/8/10に公開した記事の再リリースとなります。

婚活に、プロデューサーの力を。

1年以内の成婚率は78.9%!

婚活ならクラブ・マリッジで。