結婚相談所で結果を出すための④つの心構えとは!?

結婚相談所は結婚相手を見つけて早々に成婚退会したいところ。
何年も婚活を続けたくはないからこそ結婚相談所を選んだのに気が付けば在籍期間は長老クラスなんてことにならないための心構えとは。

➀結果が出る人と出ない人の違いは”行動“と”期限“

物事の結果を出すために必要不可欠なことは仕事も恋愛も婚活も同じ。
動くこと、つまり行動の積み重ねといつまでにという期限を決めることです。

期限が定まることでスケジュールにやるべきことが落とし込まれます。
期限が定まらないと、人は”やらない言い訳“を100通りも考えることができ、色々な理由をつけて動かない事、やらない事を正当化してしまうのです。
もちろん中には常に自分を追い込み、やるべきことを完遂しながら目標を達成して生きていける強いマインドの持ち主もいますが、もし自分がそのタイプでない場合は結婚相談所での活動は期限を定めてスケジュールに行動を落とし込みましょう。
期限内に行動を積み重ねていくことが結果に繋がります。

②小さくてもいいのでゴールを定めることから始めよう

結婚相談所に入会すると決断した理由は何ですか?
その時に定めたゴールは”結婚“ですね。

その最終ゴールに到達する為に、小さな目標を決めていきましょう。

例えば“一日30名以上のプロフィールをチェックする“という事から始めてもいいと思います。けれど、目標は期限を決めてステップアップさせていきましょう。プロフィールをチェックすることから始めたら、次はお見合いの申し込みをどうするか、担当アドバイザーとのカウンセリングをどうするか、自分をブラッシュアップする為に何をするか、お見合い以外の婚活は何をどれくらいの分量で行うかなど小さな目標を設定し、期限と具体的な行動を書き出してみましょう。そしてTO DOリスト化して行ったものを消し込んでいきます。
それが行動の積み重ねになり、積み重ねることが習慣になります。

また入会した初月はモチベーション高く積極的に動けますが3カ月、4か月経つと婚活疲れのようにモチベーションが落ちていきます。
あらかじめ3,4か月後には婚活疲れになることを想定してスケジュールを6ヶ月計画で立ててみてください。

③PDCAで”振り返り“と”改善“を取り入れることが大切

半年計画で立てたスケジュール。けれど振り返りと改善を半年に一度では大切な時間が勿体ない。PLAN(計画)、DO(実行)をしたらCHECK(振り返り)とACTION(改善)を小さな目標毎に行うことが大切です。

”一日にプロフィールを30件チェックする“というPLAN&DOの結果をCHECK,&ACTIONで検証しましょう。難しく考える必要はありません。

シンプルに“それは良かった?悪かった?”のどちらかで検証してください。良かったのはどういう点で?悪かったのはどういう点で?という視点で書き出していきます。そして良かった内容を最終ゴールの”結婚する”に対して有効か、改善が必要かの視点で検証を行います。
このような行動の棚卸のような検証をすることで、結果に繋がらないことをだらだらとやり続けて時間を無駄にするスパイラルに陥らなくなります。

④たった一人を見つけるだけ。必ず見つかると信じて行動あるのみ

結婚相談所で結果が出ない人の多くは、“結婚相談所では出会えないのではないか”“いい人はいないのではないか”というネガティブイメージを心のどこかで強く持ってしまっている場合があります。

イメージする力はとても絶大で”出会えない“とイメージすると出会えず、”いい人がいない“と思うといい人とは出会えないように自らを導いてしまいます。

大きな決断をして結婚相談所に入会をしたのなら絶対に出会えると確信して活動をしましょう。

結婚する人はたった一人です。一生に複数回結婚するとしても同時に複数の異性と結婚することは日本ではありえません(笑)。結婚相談所に登録している数万人の異性(IBJ2018年登録人数6万人)という選択からたった一人が見つかればいいと考えれば出会える確率も可能性としても高いのです。

結婚相談所で必ず出会う、自分に合う人、待っている人がいると確信して行動してみましょう!

婚活に、プロデューサーの力を。

1年以内の成婚率は78.9%!

婚活ならクラブ・マリッジで。