婚活疲れを感じたら

婚活アドバイザー 西澤
婚活は就活と同じく、長期になればなるほど疲れがたまる活動ですよね。
疲れがたまっている状態で活動をしてもいい結果にはつながらない事が多く、より疲れを大きくしてしまうことに。
そんな婚活疲れを感じたまま活動を続けてバッテリーアウトで休会、そしてそのまま退会なんてことになる前に、リフレッシュや自分磨き、振り返りや見直しをしながら婚活モチベーションが復活するまで一休みしてみましょう。

▼目次

  1. ■プロフィールを変えてみる
  2. ■結婚している友達に会って愚痴をこぼす
  3. ■何か新しいことを始めてみる
  4. ■体を動かす
  5. ■立ち止まって休んでみる

■プロフィールを変えてみる

結果が出ないことにやきもきしても事態が好転することはありません。そして結果が出ないことの原因はあなたにあるとは限らないもの。そんな時は登録しているプロフィールを見直してみると流れが変わるきっかけに。
特に6ヶ月以上活動を続けているのであれば思い切ってプロフィールの中で重要なプロフィール写真の断捨離をしてみるのもひとつ。
プロフィール写真はあなたの大切なPRツール。結婚相談所に登録した時よりも活動をある程度した後の方が、好印象なプロフィール写真のコツのようなものをあなた自身が解ってきている筈です。

新しくプロフィールを作り変える作業をすることで活動に集中していた心を少し緩ませてみましょう。

■結婚している友達に会って愚痴をこぼす

愚痴をこぼすことは余り良いことと思われていませんがモチベーションを維持する上ではとても効果があります。
モチベーションを下げてしまう要因はストレス。
特に婚活では活動を続けているのになかなか思う様な結果が出ないことが続いていくと自分が思う以上にストレスが溜まります。そのストレスを溜め続けていくとモチベーションが下がります。そんな時はストレス要因を誰かに吐き出しましょう。
けれど、愚痴を言う相手は“結婚している友達”にしてみましょう。
独身の友達に婚活の愚痴をこぼすと相手の恋愛や婚活の愚痴も聞く羽目になり、結果としてモチベーションがさらに下がる恐れがあります。
また、家族もおすすめしません。あなた自身が身内に対して心配かけたくない、見栄を張りたいとプレッシャーがかかり本音を言えないものなのです。
それに比べ結婚している友達は、何しろ結婚したという実績がある相手。
あなたの婚活の愚痴に対して共感をしてくれたり、自分の過去の経験から結婚をしたという成功事例に基づいたいたアドバイスをくれる可能性が大です。

■何か新しいことを始めてみる

婚活疲れは”婚活“に集中する余り、心がピンと緊張している状態。なので、その緊張を緩めて疲れを癒してみましょう。
何か新しいことを初めてみるとその緊張が緩みます。
生活に新しいことが加わると自分の24時間の使い方が変わり、ゆとりを与えてくれます。何かを達成したい時、一点集中は短期的には高い効果が得られますが、長期的な取り組みに対しては緊張した状態を長期に継続できない為に達成への効果は低くなります。

長期戦になってきたら新しい事を始めて婚活に集中を緩和し、心の余裕を生み出しましょう。
その余裕はあなたにゆとりある雰囲気を作り出し、魅力にもつながります。

■体を動かす

ストレスを感じた時は体を動かしてみると心がリフレッシュします。

“せっかく婚活しているのだから出会いがありそうなスポーツにしてみよう”と考えがちですが、私はおすすめしません。上手くいけばそこから新しい出会いが生まれるかもしれませんが、下手をするとそこで傷つく結果になってしまうことも。

スポーツの試合でも”流れ”のようなものがありますよね。明らかにこちらに流れが来ている時と相手に流れがいっていしまっている時。婚活疲れを感じているという事は自分にその”流れ“が来ていないようなもの。そんな時に新しい勝負をしてもなかなかいい結果には結びつきません。

体を動かすのであればなるべく一人で出来るエクササイズがおすすめ。

シンプルに走ったり、ヨガやジムでストレッチをしたり、プールで泳いだり。誰とも話さずシンプルに体を動かすことだけに集中すると心が休まります。

■立ち止まって休んでみる

婚活疲れを感じたのなら思い切って立ち止まるのもひとつ。
婚活は一旦小休止です。心が折れて辞めてしまわない為に立ち止まることも時には必要なのです。

けれど、無期限の休みに入ってしまうとそのまま活動が止まり、婚活自体を止めてしまった挙句に貴重な時間が失われてしまう人を何人も見てきました。

婚活において時間はとても大切なもの。
だから、休む時は必ず期間を定めましょう。おすすめの期間は1週間から2週間、長くても1カ月です。

それ以上休むと婚活へのモチベーションが大きく下がって諦めてしまいたくなります。
小休止の期間は婚活の事を考えずに心と体をしっかり休めてみると休み明けに“よし!がんばろう!”と新しい気持ちで婚活を再開できるでしょう。

▲目次にもどる

婚活に、プロデューサーの力を。

1年以内の成婚率は78.9%! 婚活ならクラブ・マリッジで。